トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

百人一読―偉人と聖書の出会いから(29)ヘレン・ケラー 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから(29)ヘレン・ケラー 篠原元

2歳の時にかかった病気が原因で、見えない、聞こえない、話せないという三重苦を抱えたヘレン・ケラー。皆さん、ご存じだと思います。

2017年02月14日7時28分

数学は神の存在を証明できるのか?

数学は神の存在を証明できるのか?

宗教情報などを扱う米オンラインメディア「パセオス」は最近の記事で、オーストリア・ハンガリー二重帝国(現チェコ)の論理学者クルト・ゲーデル(Kurt Gödel、1906〜78)による神の存在に関する「数学的な証明」は完全に正しいものだったと主張している2人のコンピューター科学者について取り上げた。

2017年02月13日23時06分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(26)Xのサロンの実際 佐伯玲子

「“墓”こそ、幸せの源 ! 」。そう間違って信じてしまった私は、まだ1度もお参りしたことのない、両親の先祖の墓があることを思い出しました。

2017年02月13日12時33分

万代栄嗣

主と共に歩むひと月を 万代栄嗣

詩篇の23篇は、今から3千年前に書かれましたが、人々によく知られている有名な箇所です。当時、卑しい職業であった羊飼いからイスラエルの王となったダビデの、神への純粋な感謝と賛美と祈りが溢れています。

2017年02月13日12時05分

聖書クイズ

【聖書クイズ】「エリコの町中で起きた」と聖書に書かれているのはどれ?

以下の中で「エリコの町中で起きた」と聖書に書かれているのはどれでしょうか。

2017年02月12日17時29分

門谷晥一

ビジネスマンから牧師への祝福された道(54)競争をどう考えればよいか 門谷晥一

ここからは、私がいろいろな所でお話をしたときに受けた質問とそれに対する答えの中から、30問を選んで以下に示しました。なお、この章でも、幾つかの本を参考並びに引用させていただいた。

2017年02月12日16時59分

牧師の小窓(67)中国の聖書 福江等

牧師の小窓(67)中国の聖書 福江等

以前、中国で文化大革命が興亡した後、全土で家の教会が爆発的に生まれ何千万人というクリスチャンが生まれていきました。その頃、聖書が圧倒的に足りなくて、外国のクリスチャンたちが官憲の目を盗んで中国に聖書を持ち込んでいた時代がありました。

2017年02月12日16時45分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(78)善悪の知識の木とは何なのか 正木弥

創世記の記事で、人は「善悪の知識の木」からどうして取って食べてはいけない、とされたのか。善悪の知識の木とは何なのか。いろいろな解釈があります。

2017年02月12日16時27分

カレブの会

この時聖書を開いた(28)私たちの心は燃えていたではないか 谷雅史

「希望の車いす」は、日本で使われなくなった車いすを再生して海外に寄贈しています。2015年3月で累計1600台以上を、13カ国に無償で贈り届けました。

2017年02月11日8時10分

ミュリエル・ハンソン

蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(30)祭壇 ミュリエル・ハンソン

1957年に私たちが京都にいた時のことです。家の裏口から歩いて5分とかからず行ける所に、昔ながらの墓地がありました。そこは手つかずの自然そのままですが、荒れた感じではありません。

2017年02月10日12時13分

穂森幸一

預けられたタラント(賜物)  穂森幸一(74)

イエス様の例え話に、タラントを預けられたしもべたちの話があります。この例え話に、私たちの人生が凝縮されているように思います。

2017年02月10日11時48分

早川須賀子

はやねえの詩(100)極寒

寒い、寒い今年の冬に、春が来た。いつもの道に梅の花が咲いている。思わず立ち止まり、見上げる。春の来ない冬はない! 極寒の冬を越えた春は いつもよりもズーッと、春が来たぞ!って叫んでる。

2017年02月10日11時04分

荘明義

わが人生と味の道(50)随想録:神・信仰2 私たちに対する神の目的と計画 荘明義

それぞれの賜物を生かし、奉仕に生き甲斐(がい)を感じるクリスチャンを目指そうではありませんか。キリストに似たクリスチャンになるための、神と私たちの目標を学びます。

2017年02月09日11時45分

米田武義

死に勝るいのちを得て(106)何をどういうふうにしてもよいのか 米田武義

夕方TVを見ていたら、自分が非常に共鳴を覚えて読んだ本の著者が出演していた。私は引き付けられるように、その番組に見入った。しかし見るほどに、思ったほどではなかったので、何とはなしに落胆してきた。

2017年02月09日11時24分

後藤牧人

日本宣教論(32)日本国内の状況:開戦の詔勅と大東亜宣言 後藤牧人

太平洋戦争の開戦の詔勅(しょうちょく)は、そのかなりの部分が中国問題に割かれている。その内容は、日本の中国政策を米英が妨害し、よって東アジアの平和を乱していると主張している。

2017年02月08日14時33分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング