トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(116)聖書の教えを損得勘定で見るなら 米田武義

今までいろんな人の話を聞いていると、誰しも1度は“こんなことなら最初から信仰を持たなければ良かったのでは”と、ふと思うときがあるようだ。

2017年04月20日11時45分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(18)たとえすべてを忘れても 広田信也

年を重ねると、認知症でなくても物忘れが激しくなる。仕事柄、多くの人に関わるようになったが、出会った人の名前をすぐに忘れてしまうのは困ったものだ。

2017年04月19日11時31分

後藤牧人

日本宣教論(37)日本の戦争責任 後藤牧人

全てが日本の責任であり、日本の狂気がなせるわざであるとか、また、米国は善であり、終戦後に日本は米国に指導されて、初めて良い国となり始めた、戦前の日本は全く暗黒と狂気の満ちた国であった、などとするのは非常に無理がある。

2017年04月19日11時25分

菅野直基

ゆっくり頑張る 菅野直基

ある精神科医師は、患者に「ゆっくり頑張りましょう」と励ますそうです。うつ病の人などに「頑張りましょう!」という言葉は禁句で、「頑張りたくても頑張れない」苦しい気持ちに共感して、心に寄り添うことが大切だといわれます。

2017年04月19日7時58分

ボランティア100年やってます―救世軍もつらいよ―(33)傷ついた子どもたちとともに

ボランティア100年やってます―救世軍もつらいよ―(33)傷ついた子どもたちとともに

K藤さんは、少年院の先生になりたくて、社会福祉の道を選んだ。中学時代、友達が非行に走るのを止めることができなかったことが、深い心の痛みになっていたからだ。

2017年04月18日7時33分

百人一読―偉人と聖書の出会いから(38)升崎外彦 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから(38)升崎外彦 篠原元

「お前はいいものを見つけた。俺を天国の特等席に案内してくれた大の恩人だ」。この言葉は、升崎外彦という人が、今まさに亡くなろうとしている父親から掛けられたものです。

2017年04月18日7時06分

イ・ヨンフン

まことの喜び(36)イエス様の従順と神様の喜び イ・ヨンフン

キリスト教信仰は、イエス・キリストという確かな対象から始まります。そういう意味から、イエス・キリストにつき従う者をキリスト者と呼び、私たちの信仰はイエス様がどんな方かを知るところから出発します。

2017年04月17日7時03分

牧師の小窓(76)映画「沈黙」を見て3 俳優尾形イッセーが演じる井上筑後守 福江等

牧師の小窓(76)映画「沈黙」を見て3 俳優尾形イッセーが演じる井上筑後守 福江等

映画「沈黙」の中でひときわ演技が光っていたのが、俳優尾形イッセーが演じる井上筑後守であったのではないかと思います。幕府のキリシタン根絶のために特命を受けて、宣教師たちを次々と棄教に追い込んでいった立役者であります。

2017年04月16日9時03分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(87)自分が生きているのは先祖のおかげではないのか 正木弥

前々項の回答の通り、自分の親たちは自分を造るために先祖から受け継いだDNAを、生殖行為を通じて自分に引き継いだだけ。親たちは私を造るためにはそれ以上の何もしていません。

2017年04月16日9時01分

稲川圭三

神さまが共におられる神秘(3)主イエスの復活・自分の中に立ってくださるいのち 稲川圭三

みなさん、ご復活おめでとうございます。主キリストは復活されました。それは、私たち一人一人の中に「神さまが共にいてくださる」という真実に出会わせるために復活してくださったのです。

2017年04月16日5時30分

聖書クイズ

【聖書クイズ】「心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして主に立ち帰った」と書かれている王は?

「心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして主に立ち帰った」と列王記に書かれている王は、誰でしょうか。

2017年04月15日7時42分

宮村武夫

聖書をメガネに 故・羽鳥明先生の思い出 宮村武夫

雜賀信行編集長による速報で、羽鳥明先生のご召天を知り、先生の96年のご生涯を覚え、私のような者にも与えられた出会いの機会を感謝し、御名を崇(あが)めています。この記事を読まれた多くの方々の多様多彩な応答を覚えます。

2017年04月15日7時35分

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(26)断崖絶壁の道〜運転手とA修道士との出会い 中西裕人

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(26)断崖絶壁の道〜運転手とA修道士との出会い 中西裕人

ラヴラ修道院を早朝出発し、再びアトスの首都カリエに戻った。カリエでは、昼過ぎのバスの出発まで、カフェでコーヒーを飲んで少しのんびりしたり、土産屋を見たり、猫とたわむれたり、また数分のセントアンドレアススキテや、少し下がって海の見える方へと散策し、カメラに収めた。

2017年04月15日7時07分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(18)「救い」のつもりが・・・ 浜島敏

宣教師が、文化上の諸問題に気付かずにいて重大な間違いを犯し、かつ広範囲に誤解を招いたこともあります。西アフリカの翻訳者の1人が、「救う」を意味すると思われる語を苦心の末聞き出しました。

2017年04月14日16時14分

穂森幸一

新しい章の始まり 穂森幸一(83)

新約聖書の福音書を開くと、キリストの十字架の様子が詳細に記されています。十字架について学ぶことは、贖罪(しょくざい)の恵み、キリストが私たちの罪の身代わりとなってくださったことが分かりますので、自分の罪と向き合うことにもなります。

2017年04月14日15時24分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング