トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

ドナルド・トランプ米大統領

トランプ大統領指揮下の米国 問題は「分断」ではなく「根幹のメルトダウン」! 青木保憲

筆者は「分断」という表現に納得がいかない。果たして米国は赤(共和党より)と青(民主党より)に分断しつつあるのか。むしろ、もっと大切な国家機能が溶解(メルトダウン)していると捉えた方がいいのではないだろうか。

2017年02月24日14時33分

ミュリエル・ハンソン

蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(31)笑って、こらえる? ミュリエル・ハンソン

私と子どもたちは日本で思ってもみない災難に見舞われました。それは1959年のこと、お風呂場で一酸化炭素中毒症にかかったのです。今日の私は、その事故の3カ月後、数週間にわたって再入院していた頃にあった1場面を思い出しています。

2017年02月24日10時21分

穂森幸一

飢饉の時にも生かされる 穂森幸一(76)

少し寒かったり、暑かったりすると、「地球温暖化のせいだ」と口にする気象の専門家がいます。また、別な気象学者は「地球は温暖化ではなく、寒冷化に向かっています。やがて氷河期が来ます」と発言しています。

2017年02月24日10時04分

早川須賀子

はやねえの詩(102)度量

私は、しばしば自分の井戸が、自分のコップ1杯の水が汲(く)めないほどカラッポなのに、人を招き、まるで豊かに水が備えられているかのように擦(こす)るように水を汲み、もてなすことがある。しかし結局、渇きを癒やすほどの飲み水もない。

2017年02月24日9時50分

有田憲一郎

脳性麻痺と共に生きる(24)中学時代のことと大切にしている先生の教え 有田憲一郎

僕が通っていた養護学校(現在の特別支援学校)は、児童・生徒数も少なく、ほとんどが1クラスでした。僕の学年も授業ごとにグループ分けがあるものの、学年単位でのクラス分けがなく、転校や転入しない限り、卒業するまで一緒に学校生活を送ります。

2017年02月23日16時41分

荘明義

わが人生と味の道(51)随想録:神・信仰3 常に新しい教えにチャレンジする 荘明義

人は常にと言っていいほど、2つの考え方に出会うものです。1つは楽な方へ、もう1つはチャレンジする方へです。これをすれば自分が得か、それとも損か、でも本当に自分の一生にとってどちらが良いか――そこまで深く考えているかどうかは分かりません。

2017年02月23日16時25分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(108)ささいなる不快感 米田武義

最近、長らく会っていない知人に1年余りぶりに会った。私の病気を聞いて非常に驚いていたが、会話の中で、私の顔色が悪いと面と向かって言うのである。

2017年02月23日16時13分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(14)キリスト教墓地、納骨堂が欲しい! 広田信也

全国から当社に寄せられる電話相談の中で最も多いのが、墓地や納骨堂の相談である。状況はさまざまだが、最善の策を見いだすのに大変苦労している。

2017年02月22日8時44分

後藤牧人

日本宣教論(33)日本国内の状況:勝算があっての開戦ではない 後藤牧人

バイアスの疑問に答えて前述の論議を進めているが、日本は決して勝算があって戦争を始めたのでない。座して滅びるよりは、戦って滅びようとしたということであろう。

2017年02月22日8時33分

菅野直基

すぐに判断しない 菅野直基

目の前にある問題に対して、すぐに決断をしなければならないときがあります。しかし、無理に決断するよりは、とりあえず棚上げして、祈り、ニュートラルにしておいた方が良いときもあります。

2017年02月22日8時06分

ボランティア100年やってます―救世軍もつらいよ―(29)婦人たちの心の成長のために

ボランティア100年やってます―救世軍もつらいよ―(29)婦人たちの心の成長のために

昔の婦人ホームでは、トラックで女性たちを収容して連れて来ていたが、拘束力のない施設であるため逃げ出す人もあり、なかなか更正につながらないという一面があった。

2017年02月21日12時56分

英語お宝情報(4)ピッチは和製英語タイプ6 木下和好

英語お宝情報(4)ピッチは和製英語タイプ6 木下和好

日本では簡易英語辞典に匹敵するほどの数の和製英語が使われている。これらの和製英語は、英語スピーキング力アップのための6重要ポイントのうち「1. 適切な単語を適切に使える」と「2. 適切な発音ができる」の2つに、大きなマイナス影響を与えている。

2017年02月21日12時38分

百人一読―偉人と聖書の出会いから(30)ジョージ・ミュラー 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから(30)ジョージ・ミュラー 篠原元

今日のコラムですが、キリスト教徒であり、孤児救済にその一生をささげた偉大な愛の人ジョージ・ミュラーという人物が、今から100年以上前にイギリスで活躍しました。皆さんご存じでしょうか。

2017年02月21日9時33分

イ・ヨンフン

まことの喜び(32)真理の神様と共に歩みなさい イ・ヨンフン

聖書は、私たちが神様にとって喜びとなる人生を生きる方法は真理のうちに歩むことだと言っています。救われたことだけで満足し、真理を無視するのは、恵みを受けたキリスト者の妥当な反応だとは言えません。

2017年02月20日14時09分

万代栄嗣

共におられる主による癒やし 万代栄嗣

イエスが墓に行き、亡骸に向かって、大声で「ラザロよ。出て来なさい」と叫ぶと、ラザロが生き返るというすさまじい奇跡が現されたのです。

2017年02月20日13時51分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング