正木弥

なにゆえキリストの道なのか(137)神と無関係に生きてもいい? 正木弥

楽しく生きられることは結構なことです。順調な人生も大きな恵みです。ただし、それ自身が人生の目的でないことはきちんとわきまえておくべきです。人は肉体の人生が終わった後、天国で永遠のいのちに生きる、そのことこそ人生の直接的目的です。

2018年04月07日20時28分

矢澤俊彦

【寄稿】踊り上がる我ら足なえ 矢澤俊彦

今の時代、私たちは周囲を囲む多くの敵におびえ、引きこもり、閉じこもり、生き難く思い、心身を萎縮させています。救いを求めるあらゆる努力がなされているように見えますが、疲れた人々は人生に投げやりになり、むなしさの中で無為に過ごしています。

2018年04月07日19時46分

のりぼと神様(1)のりぼという少年

のりぼと神様(1)のりぼという少年

月のふくらむ、夜でした。星くずが、空いっぱいにかがやいて、それはにぎやかでありました。木々はそよ風にゆれながら、さわさわと音楽をかなでるよう。それを聞きながら鳥たちも、羽を休めてねむりにつきます。

2018年04月06日14時33分

映画「きみが還る場所」を見て 込堂一博

映画「きみが還る場所」を見て 込堂一博

私は以前、米国のドン・パイパー牧師の著書『天国での90分』(原題:90 Minutes in Heaven)を読んで大変感動したことがあった。パイパー牧師は1989年1月18日、教会関係の聖会に参加しての帰り、カンファングストン湖に架かる橋を走行していた。

2018年04月06日11時54分

平林けい子

主は生きておられる(48)竹は教えてくれる 平林けい子

家の前の竹林は私に教えてくれる。お年寄りの竹も、壮年の竹も、若者の竹も、まるで競い合うように、真上を向いて立っている。どんなに寒くても、どんなに暑くても、右にもそれず、左にもそれず、まるで天を見上げるように真っすぐ立っている。

2018年04月06日11時08分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(43)高齢者に寄り添う地道な働き 広田信也

「あなたに寄り添わせてください」というメッセージと共にブレス・ユア・ホーム(株)を創設してから4年近い歳月が流れた。当初から業務内容が決まっているわけではなく、日本宣教を後押しするビジネスの創出を模索し続ける毎日が、今もずっと続いている。

2018年04月05日10時57分

穂森幸一

神の契約と救いの計画 穂森幸一(102)

インターネットニュースで、聖書考古学者のロン・ワイヤット氏がエルサレムの地下洞窟で契約の箱を発見したという記事を目にしたとき、とてもワクワクしてしまいました。エルサレムの地下は隠されていて当然の場所であるということがいえます。

2018年04月05日10時42分

後藤牧人

日本宣教論(62)戦責・天皇・神道 後藤牧人

このように見てきていえることは、我々の日本宣教を進めるに当たり、東京裁判の結論を踏まえ、そこから始めるのは不適当ではないかということである。もし東京裁判の決定を宣教の出発点とすると、近世、近代、現代のキリスト教の罪はこれを不問にすることになる。

2018年04月04日16時44分

ヘボンと日本語訳聖書誕生の物語(1)プロローグ――漂流する聖書

ヘボンと日本語訳聖書誕生の物語(1)プロローグ―漂流する聖書

1832(天保3)年のこと。尾張の国(現在の愛知県)知多半島沖で、日本の米輸送船が折からの暴風雨のために難破しかけていた。強風のために帆は破れ、マストが折れ、傾いた船にはどっと海水が押し寄せてきた。

2018年04月04日13時14分

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師

聖書をメガネに 4月4日この日、この説教者を覚え、この1冊に新しく聞く備え

4月4日、そうです。1968年4月4日、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師がテネシー州メンフィスのモーテルで暗殺された日です。

2018年04月04日10時29分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(88)ジョージ5世  篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(88)ジョージ5世  篠原元

「国家の第一の宝である英語の聖書を、わが臣民が立派な遺産としていつまでも愛し続けてくれることが私の確かな希望だ」。この言葉は、ヴィクトリア女王の孫であり、エリザベス女王の祖父に当たるジョージ5世が書簡に記したものです。

2018年04月03日11時55分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(43)トルディンガー博士のディンカ語聖書翻訳 浜島敏

この背の低い気取らないオーストラリア人が行く所にはどこでも、背の高く、誇り高いディンカ人の友人がいました。彼らの所で働き始めてすでに30年以上がたっていました。

2018年04月02日11時06分

牧師の小窓(126)永井隆博士の『この子を残して』 福江等

牧師の小窓(126)永井隆博士の『この子を残して』 福江等

最近、永井隆博士の『この子を残して』という古い本を再び取り出してきて読み始めました。昔読んだような気がしていたのですが、今あらためて読むとき、2人の子どもを残して逝かなければいけない親の心情が、古い紙面から血がにじみ出るように伝わってきます。

2018年04月01日19時13分

福音の回復(57)復活を信じられる信仰 三谷和司

福音の回復(57)復活を信じられる信仰 三谷和司

科学者が、この世界に神などいないと言うとき、それは正しい。なぜなら、この世界は滅び行く性質を帯びているので、滅びることのない神には住めないからだ。この世界は有限であって、それに対して神は永遠なので、有限の中に永遠は入り込めないのである。

2018年03月31日21時17分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(136)栄えある人生へ、挑戦してみたい 正木弥

中国・唐の時代の「枕中記」という本にある物語です。その主人公・蘆生は地方に住む貧しい青年でしたが、出世して豊かで華やかな人生を送りたいと、勉強しました。その登竜門である科挙(進士)の試験を受けようと、都へ向かいました。

2018年03月31日19時10分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング