百人一読―偉人と聖書の出会いから―(90)金大中  篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(90)金大中  篠原元

今日はまず、数字の勉強から始めたいと思います。日本の人口は、約1億2千万人といわれますよね。その1億2千万人の約3割が、東京圏に集中しています。要するに日本の総人口の約3割は東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)に一極集中しているということです。

2018年04月17日16時29分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(44)2人のアイマラ語聖書翻訳 浜島敏

ペルーとボリビアの高地に住んでいる約百万人の先住民に話されているアイマラ語に福音書と使徒言行録が翻訳されたのは、その数年前のことでした。しかし、この初期の翻訳にはどうしても改訂が必要でした。

2018年04月16日6時04分

牧師の小窓(127)C・S・ルイスの思想について・その1 福江等

牧師の小窓(127)C・S・ルイスの思想について・その1 福江等

英国の思想家、哲学者、キリスト教作家であるC・S・ルイスの著した『キリスト教の精髄』という書物を昔読んだことがあります。今はほとんど思い出せませんが、キリスト信仰の核心をついているような印象を持ったことを思い出します。

2018年04月15日6時06分

福音の回復(58)信仰とは何? 三谷和司

福音の回復(58)信仰とは何? 三谷和司

「信仰」とは何かと聞かれたら、どう答えるだろう。聖書に「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです」(ヘブル11:1)とあるので、多くの人は望む将来を信じさせてくれるのが「信仰」だと答えるのではないだろうか。

2018年04月14日23時51分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(138)それなら、信じる意味がない? 正木弥

御利益宗教は、“無病息災” や “交通安全” などを看板にして、お参りを呼び掛けています。しかし、お参りしても、病気にかかるときはかかり、交通事故が起こるときは起こります。初詣で交通安全をお参りした帰りに事故に遭ったなどということは日常茶飯事です。

2018年04月14日22時08分

のりぼと神様(1)のりぼという少年

のりぼと神様(2)お母さんの死

翌日は日曜日でした。お父さんは珍しく、ちゃんとアイロンのかかったシャツを着て「のりぼ、今日は教会に行ってから病院に行こう」と言いました。のりぼは憂鬱(ゆううつ)でした。あんな長い話をまた聞かなくてはいけないんだ、と思ったからです。

2018年04月13日21時06分

平林けい子

主は生きておられる(49)風とイエス様 平林けい子

クーラーよりも扇風機よりもうちわよりも、自然の風が好き。心地よい自然の風を楽しんでいると、なぜか福音書を開きたくなる。風は目に見えないけれど、たしかに存在する。イエス様も、目に見えないけれどたしかに存在される。

2018年04月13日21時02分

日々感謝する人になるための実践的な3つのヒント

日々感謝する人になるための実践的な3つのヒント

聖書は、すべてのことについて、常に神に感謝する人であるように教えている。では、神にいつも、心から感謝する方法はあるのだろうか。答えはイエスである。そのためには、日々感謝できるよう自分自身を「訓練」することが必要だ。

2018年04月13日20時26分

川口一彦

温故知神―福音は東方世界へ(95)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本40 川口一彦

景教徒たちの徳が実際的に証しされていたことが伺えます。そして、その手本となる指導者が次に紹介されます。皇帝から官位を授けられた高官で、恵みに満ちた景教徒の伊斯という人物です。

2018年04月12日8時49分

FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道

FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道

テルアビブ大学構内には、有名なスイスの建築家マリオ・ボッタ設計のモダンな建物がある。タクシーを降りるとすぐ眼の前に、大きな2つの塔を持つレンガの建物が飛び込んできた。スイスのモニョの教会、モンテタマロの教会を思い出すボッタの円筒のデザイン。

2018年04月10日16時04分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(89)ウィンストン・チャーチル  篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(89)ウィンストン・チャーチル  篠原元

皆さんは、何をしている時が「憩いの時」ですか。何が「自分にとっての憩い」ですか。人それぞれのはずですが「憩い」って大事ですね。ある人は、ただひたすら寝るのが「憩いの時」かもしれません。

2018年04月10日9時57分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(56)負の沼 佐伯玲子

悪魔から誘惑を受けて危うく自死するところを、元夫Aを通してイエス様が救ってくださり、一命を取り留めた私でしたが、この一件について何も語ってくれないAの心が理解できず、また怖くて聞けない状態でした。

2018年04月09日15時20分

万代栄嗣

主の復活のある豊かな人生 万代栄嗣

イエスの十字架と復活からすでに2千年の年月が流れましたが、罪の赦(ゆる)し、永遠の命の約束はまったく変わりません。だから今でも世界中で福音が宣べ伝えられ、信じた者は救われ、永遠の命の希望を与えられます。

2018年04月09日14時05分

英語お宝情報(26)子どもの効果的英語学習法・その1 木下和好

英語お宝情報(26)子どもの効果的英語学習法・その1 木下和好

自然に無意識的に言葉を習得できるのは0~9歳である。この時期に子どもに十分に英語に触れさせ言わせるようにすると、英語を母国語レベルに引き上げることが可能になる。この時期を過ぎてから学ばせるときは、習得法に工夫が必要となる。

2018年04月08日17時19分

聖書をメガネに 国立公文書館訪問記―今後の課題への期待、この親にしてこの子あり 宮村武夫

聖書をメガネに 国立公文書館訪問記―今後の課題への期待、この親にしてこの子あり 宮村武夫

国立公文書館訪問から日にちがたてばたつほど、あの訪問が持つ意味の深さをますます深く受け止めています。例えば、加藤館長が私たちのために個人的に時間を注いで国立公文書館を説明するために活用された資料「時を貫く記録を守る」。

2018年04月07日20時59分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング