トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

ミュリエル・ハンソン

蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(36)自動霜取り装置 ミュリエル・ハンソン

何でも自分でできるからといって、神の御力を忘れないようにしましょう。神様が与えてくださった美しいものを見失うことがないように、生活の煩わしさに心を奪われないようにもしたいものです。

2017年05月05日6時52分

穂森幸一

神様は今も働いておられます 穂森幸一(86)

世界の各地に目を向けるとリバイバルのうねりを感じるのですが、自分自身の問題になると、弱気になり、不信仰に陥る自分の姿に気付きます。どんな時にも神が共にいてくださり、神が戦ってくださるのです。

2017年05月05日6時43分

真の友がする5つのこと

真の友がする5つのこと

今日、真の友を得ることは難しい。人間関係が使い捨てであるかのような時代に、永続的で忍耐強い関係を持つことはまれなことになっている。しかし、神がデザインされた友情は本物であり、誠実で、生涯にわたりずっと続いていくものだ。

2017年05月04日11時46分

ボランティア100年やってます―救世軍もつらいよ―(34)アメリカ人もホームレス

ボランティア100年やってます―救世軍もつらいよ―(34)アメリカ人もホームレス

暮れも押し迫った12月29日の夜。B場さんは、横浜・伊勢佐木町の交番から電話を受けた。交番からの電話なんて、あまりいい気持ちはしないものだ。多少の不安を感じながら出てみると、「外国人のホームレスを、引き取ってもらえないか」ということだった。

2017年05月04日6時56分

荘明義

わが人生と味の道(56)随想録:神・信仰8 言葉と罪の関係 荘明義

人の言ったひと言で、十数年も苦しんでいる人がいます。また、自殺しようとしていた人が「あなたは神に愛されています」と聞かされて思いとどまり、自分の苦しい体験を通して人助けをしている人もいます。

2017年05月04日6時44分

米田武義

死に勝るいのちを得て(118)私たちの体は神から受けた聖霊の宮である 米田武義

科学の領域でもそうであるが、あまりにも人間が自由自在に必要以上に自然に立ち入った場合、文字通り不自然なことを行ったときには、いろいろ難しい他の問題が新たに起こってくることが多い。

2017年05月04日6時38分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(19)キリスト教葬儀を通して1 広田信也

全国の未信者や教会に集っていない信者から寄せられるキリスト教葬儀の依頼に対し、多くの牧師先生方に協力をいただきながら葬儀司式に対応する働きを進めてきた。約1年半の試行期間の中で、さまざまなご遺族から依頼をいただき、葬儀を通して学んだことを簡単に整理してみたい。

2017年05月03日6時59分

後藤牧人

日本宣教論(38)日本有罪論の根拠 後藤牧人

もちろん、簡単な方法があって、1928年のケロッグ=ブリアン条約(パリ不戦条約)以後の全ての植民地獲得戦争は罪であるとし、それ以前は無罪とするのである。

2017年05月03日6時46分

菅野直基

教会の意味は? 菅野直基

一般に「教会」と聞いてイメージするのは、看板のついた「教会堂」のことだろうと思います。でも、「教会」とは「教会堂」ではなく、「神に召された人の集まり」のことを指します。

2017年05月03日6時37分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(50)なぜ福音が届きにくくなったのか 渡辺俊彦

ずいぶん前から「最近は昔のように福音が届かなくなった」という言葉をよく耳にします。そのため、多くの牧師や教会は「なぜだろう」と悶々(もんもん)とする日々を過ごしています。

2017年05月02日14時13分

百人一読―偉人と聖書の出会いから(40)レーナ・マリア 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから(40)レーナ・マリア 篠原元

スウェーデン出身の有名なゴスペルシンガーであられるレーナ・マリアさんは、こう語っています。「・・・すべて神さまが与えてくださることがわかったので、まさに『乏しいことはない』のです」

2017年05月02日6時52分

イ・ヨンフン

まことの喜び(37)神様を喜ばせた従順 イ・ヨンフン

イエス様の一生は、苦難の一生でした。生まれた時はヘロデ王が殺そうとしたので、エジプトに2年間ほど身を隠さなければなりませんでした。その後ナザレに来て、父親ヨセフを手伝って大工の仕事を学びました。

2017年05月01日8時02分

万代栄嗣

癒やしの恵みを制限しない 万代栄嗣

主の癒やしを語るとき、単に病気が治るとか、痛みがなくなるということだけで終わりません。イエスが、死そのものを取り扱われ、死人さえ生き返り、癒やされるという記事が、特に福音書の中に幾つも書かれていることを忘れてはいけません。

2017年05月01日7時42分

世界自転車旅行記(23)サラエボ~ドゥブロヴニクの旅 木下滋雄

世界自転車旅行記(23)サラエボ~ドブロブニクの旅 木下滋雄

今回は昨年9月に行ってきたサラエボ~ドブロブニクの旅。世界遺産を紹介するテレビでモンテネグロのドゥルミトルをやっていた。山がとてもきれいだ。かつて欧州横断をしたときは、当時のユーゴスラビアは内戦中で迂回(うかい)して走った。

2017年04月30日18時33分

牧師の小窓(78)映画「沈黙」を見て5 遠藤周作氏の理解したイエス・キリスト 福江等

牧師の小窓(78)映画「沈黙」を見て5 遠藤周作氏の理解したイエス・キリスト 福江等

映画「沈黙」についてもう少し考えてみたいと思います。ロドリゴ神父が穴の中に逆さ吊りの拷問を受けているキリシタンたちの姿を見たとき、彼には「踏み絵」を踏むことしか道は残されていませんでした。

2017年04月30日17時29分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング