英語お宝情報(28)子どもの効果的英語学習法・その2 木下和好

英語お宝情報(28)子どもの効果的英語学習法・その2 木下和好

子どもの英語を母国語レベルに引き上げるための一番良い、また確実な方法は、9歳以下の時に毎日最低1時間、英語だけの環境の中で生活させることであるが、普通の日本人の家庭に生まれ、日本国内で育つ子どもたちには、そのような環境提供は難しい。

2018年05月13日20時44分

牧師の小窓(131)C・S・ルイスの思想について・その5 福江等

牧師の小窓(131)C・S・ルイスの思想について・その5 福江等

私たちは何かと気忙しい生活をしており、さまざまなストレスを抱え、心配が絶えません。その日のうちにしておくべきリストを作り、それらをやり上げることに懸命になります。いつも時間が足りません。

2018年05月13日19時39分

宮村武夫

聖書をメガネに 編集会議を中心に、さらに底に徹した歩みを求めて(3)新聞倫理綱領を学ぶ

2014年4月からクリスチャントゥデイで実際の働きを始めるに当たって、2つのことを自覚しました。1つは、20代で地域教会の説教牧会に従事すると同時に、神学教育機関で教え始める、表面的には二足の草鞋を履く状態の中で覚悟し決定した道の再確認です。

2018年05月12日22時39分

福音の回復(60)逆さまに見ている? 三谷和司

福音の回復(60)逆さまに見ている? 三谷和司

あなたは、自分が物事を逆さまに見ていることを知っているだろうか。誰もが、物事を逆さまに見ている。というより、逆さまに見える眼鏡を掛けさせられている。そして、逆さまに見える世界が正しい世界だと思い込んでいる。

2018年05月12日7時02分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(142)人は神と関係なく生きてもいい? 正木弥

正しいと見える人も、その心の内実はやはり汚いもの・悪いものなどがないとはいえません。正しい人と思われていた人たちの思いがけない告白を聞く機会があれば、彼らも人間であってやはり罪人であることがよく分かります。

2018年05月12日6時57分

のりぼと神様(1)のりぼという少年

のりぼと神様(6)まぶねの中に

病室で朝を迎えました。6時のラジオ体操の音楽が、フロアーから流れてきます。のりぼはのっそりと起きだして、歯磨きセットを持って病室を出ました。フロアーに行くと、ぽつりぽつりと何人かがラジオ体操をしています。その中におばさんもいました。

2018年05月11日7時10分

平林けい子

主は生きておられる(53)涙の一粒 平林けい子

幼いころ、友達とけんかして流した涙。青春のころ、恋に破れて流した涙。生活の中で、もう生きられないと流した涙。病の中で、苦しみ、痛みに流した涙。イエス様は、涙の一粒一粒を祝福の一粒一粒に変えてくださる。

2018年05月11日7時02分

川口一彦

温故知神―福音は東方世界へ(97)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本42 川口一彦

中央アジアのバルクより中国の都長安に来た景教徒の伊斯は、信仰者として立派に生き、与えられた賜物の武術や芸能が生かされ、唐の皇室に招かれるや高く評価される人物でもありました。

2018年05月10日18時58分

FINE ROAD(74)イスラエルの旅シリーズ11 グレート・シナゴーグ 西村晴道

FINE ROAD(74)イスラエルの旅シリーズ11 グレート・シナゴーグ 西村晴道

テルアビブのグレート・シナゴーグは、1922年に Yehuda Magidovitch によって設計され、1926年に完成。1970年に改装され、新しいアーチ状の外観を備えている。ディゼンゴフ広場周辺は世界遺産の「白い街」、緑に囲まれた白い家並みを見ながら歩く。

2018年05月08日7時46分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(93)原敬 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(93)原敬 篠原元

日本の第19代首相、原敬。1856(安政3)年3月に現岩手県で生まれ、1918年から21年に内閣総理大臣を務めました。外務次官、逓信大臣、内務大臣などを歴任し、卓越した政治力を持っていた人物でした。

2018年05月08日7時42分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(58)新しい命 佐伯玲子

1年後、私は新しい命を授かりました。しかし、墓信仰「X」に洗脳されていた私は、この恵みを「X神のご利益」と信じ、お腹の子に「波動」をもらおうと、さらに通う頻度が増えていきました。

2018年05月07日7時04分

万代栄嗣

神の恵みのわざに富む者 万代栄嗣

奉仕し、与え、ささげることの素晴らしさは、実は2千年間の教会の賜物です。今日の箇所で、パウロが語ったことがまさにそれです。コリントは、ギリシャの商業の盛んな豊かな町でしたが、ギリシャの北側にあるマケドニアの人々は貧しく、飢えていました。

2018年05月07日6時57分

牧師の小窓(130)C・S・ルイスの思想について・その4 福江等

牧師の小窓(130)C・S・ルイスの思想について・その4 福江等

かつて自動車で高知から高松に向かっておりました。ちょうどゴールデンウィークの時で、車が大変渋滞しておりました。まだ高速道路もできていなかった時のことです。何十キロも渋滞をして四国山脈の中をミミズが這うように行っておりました。

2018年05月06日18時01分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(141)人生がむなしく感じられて仕方がない?どうすればいいのか 正木弥

“むなしい”とは「空しい」とも「虚しい」とも書きますが、両方足すと「空虚」です。その意味は「ない」ということです。そのように、このむなしさは“ない”というところから生じます。

2018年05月05日13時02分

のりぼと神様(1)のりぼという少年

のりぼと神様(5)いけにえおばさん

「のり坊、おいで」。お母さんの声がした気がします。ハッと目を覚まし、あたりを見回すと、草原が広がっておりました。あの時の美しい景色の中です。のりぼは「お母さん!」と呼びました。風が吹いています。

2018年05月04日21時27分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング