平林けい子

主は生きておられる(24)何がうれしいの? 平林けい子

ひとつ歳を重ねるごとに、ひとつ月を重ねるごとに、ひとつ日を重ねるごとに、うれしいのです。何が? 今日もイエス様といっしょだから。46年前にイエス様に救われたのに、こんなに毎日イエスさまといっしょがよろこびになったのは、こんなに歳を重ねた今。

2017年10月20日7時14分

荘明義

わが人生と味の道(68)エデンの園の食卓・その7 添加物と遺伝子組み換え食品 荘明義

次に、添加物。ほとんどの物には添加物が入っています。添加物というのは、物を保存させるために入れる薬品です。ベトナムだったでしょうか。災害があって、多くの方が亡くなりました。日本の方も随分亡くなりました。

2017年10月19日10時40分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(31)真理はあなたがたを自由にする 広田信也

国立国会図書館法の前文に「国立国会図書館は、真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される」と書かれている。

2017年10月19日6時46分

後藤牧人

日本宣教論(50)御霊信仰 後藤牧人

神道の起源の第三のものは、怨霊(おんりょう)信仰であり、これは御霊(ごりょう)信仰ともいう。御霊とは、死者の霊の敬称であるが、怨念を持って死んだもの、また個性や実力に富んだものの死霊を指して言った。

2017年10月18日7時12分

菅野直基

時間を生かす秘訣 菅野直基

普通に考えたら、仕事を頼むならば、忙しい人よりも少し時間にゆとりのある人に頼んだ方がいいように思いますが、多くの忙しい人は、たくさんの仕事を短期間で要領よくこなし、しかも良い仕事をします。

2017年10月18日7時06分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(64)ウッドロー・ウィルソン 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(64)ウッドロー・ウィルソン 篠原元

今日取り上げるのは、アメリカ合衆国第28代大統領であるウッドロー・ウィルソン(1856~1924)です。ウッドロー・ウィルソンはこう語っています。「聖書は、まさしく平和と救いへと導くただひとつの人生のガイドである」

2017年10月17日6時06分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(31)聖なる書にとらえられて 浜島敏

神聖ローマ帝国のカール5世は、数人の聖職者や役人からなる諮問委員と共に、1人の手に負えない修道士の異端陳述に応じるため座っていました。その修道士の火のような説教こそ、教会と国家に反抗する数千ののろしを燃え上がらせていたのです。

2017年10月16日7時17分

万代栄嗣

主の御言葉を受け止めるための心の器 万代栄嗣

今日の御言葉と関連して、ヨハネ4章の王室の役人の息子の癒やしを見ると、神の御言葉の権威がよく分かります。これを神からの真理、教訓として受け止め、癒やしの恵みを体験しましょう。

2017年10月16日7時14分

横坂剛比古

日々是ハレルヤ(8)料理も信仰も引き算が大切 横坂剛比古

「信仰がこのままではいけない。もっと頑張らないと」と思って、かえって疲れている方はいませんか。そんな方は反対に、「少し奉仕を減らしてみよう」とか、「引き算」の発想をしてみてください。きっと楽になりますし、信仰生活が充実するかと思います。

2017年10月16日7時05分

稲川圭三

神さまが共におられる神秘(32)イエスさまという礼服を着て、神の国の喜びにあずかる 稲川圭三

イエスさまがマグダラのマリアの中に神さまが共におられるのを見たように、私たちも目の前にいる人に、「神さまがあなたと共におられます」と祈って生きることが「婚礼の礼服を着る」ということです。もしそうしないなら婚宴の喜びにあずかれないのです。

2017年10月15日6時58分

牧師の小窓(102)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その18 天正遣欧少年使節 福江等

牧師の小窓(102)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その18 天正遣欧少年使節 福江等

今回の雲仙・長崎キリシタンの旅で私たち一行が最後に訪れたのが、天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)で派遣された4人の少年たちの碑です。

2017年10月15日4時27分

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(38)写真展「記憶〜祈りのとき」福岡開催報告 中西裕人

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(38)写真展「記憶〜祈りのとき」福岡開催報告 中西裕人

2017年9月から始まった中西裕人写真展「記憶〜祈りのとき」も、最後の巡回地、福岡での開催を迎えることになった。中州川端駅から徒歩2分のRDビル1階に入るキャノンギャラリー福岡にて、10月12日より始まった。

2017年10月14日5時48分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(113)キリストは殺されたのに、どうして人を救うことができるのか 正木弥

キリストは単に殺されたのではありません。殺されるような道をわざわざ選んで行って、そして予期した通り殺されたのです。それは、旧約聖書の中に預言されていた通りでした。

2017年10月14日5時20分

マーガレット・A・E・リッジウェイ

日系カナダ人伝道に生涯をささげた女性 マーガレット・リッジウェイ(1)すべての始まり

マーガレット・A・E・リッジウェイは、1915年5月31日にカナダはサスカチュワン州レジャイナで生まれました。彼女の父親は、マーガレットがまだ3歳の時に他界しました。1918年に流行したインフルエンザの被害を受けたのです。

2017年10月13日23時52分

三谷和司

福音の回復(45)誰が救われるの?―信仰による義認、予定説(後編) 三谷和司

日本で広く使われている聖書は、「新共同訳聖書」「口語訳聖書」「新改訳聖書」であろう。それらの聖書には、イエス・キリストを信じる「信仰」によって人は義とされることが書かれている。

2017年10月13日6時52分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング