浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(29)ウルフィラスと聖書のゴート語訳 浜島敏

命の福音を受け入れた人たちが、みな友好的な隣人に限られていたわけではありません。古いギリシャ・ローマ世界の辛らつな敵もまた、神の言葉に耳を傾けました。しかもその動機が奇抜でした。

2017年09月19日6時45分

万代栄嗣

主と共にある癒やしを受け止める信仰 万代栄嗣

悪霊につかれた独り息子を持つ父親が、助けを求めて群衆の中から叫びました。お弟子たちに、この霊を追い出してくださるようお願いしたのですが、お弟子たちにはできませんでした。イエスは嘆いて、そこに集まった群衆と弟子たちに、こう言われます。

2017年09月19日6時07分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(60)カーネル・サンダース 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(60)カーネル・サンダース 篠原元

カーネル・サンダース(1890~1980)。皆さんはこの名前をご存じでしょうか。本名はハーランド・デーヴィッド・サンダースです。どういう人かというと、アメリカの実業家で、世界中で多くの人に愛されているであろうケンタッキー・フライド・チキンの創業者なのです。

2017年09月19日5時46分

横坂剛比古

日々是ハレルヤ(6)虹は何色ですか? 横坂剛比古

いきなり日本で「神様を信じましょう」と言っても、難しいんです。日本の文化に合わせてゆっくりと説明して、興味を持ってもらわなければ、誰も信じてはくれません。ただ翻訳してもダメなんです。そこにある認識や文化の違いまでちゃんと伝えないと。

2017年09月18日6時58分

牧師の小窓 (98)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その14 外海の「沈黙の碑」 福江等

牧師の小窓 (98)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その14 外海の「沈黙の碑」 福江等

長崎市にあるキリシタン関係の地を訪れた後、私たち一行は長崎市から北に足を延ばし外海(そとめ)という地方へ行きました。そこは江戸時代にキリシタン弾圧のため、長崎の多くのキリシタンたちが逃れていった場所です。

2017年09月17日6時41分

稲川圭三

神さまが共におられる神秘(28) 赦しの祈りを注ぐ時、苦しみの牢から解放される 稲川圭三

もし皆さんのうちに、「あの人だけは赦(ゆる)せない」という方があったら、今日、その人の上に「主があなたと共におられます」という祈りを注いでほしい。そのとき、奇跡が起こります。主ご自身が、苦しみの牢からすぐに出してくださる。「すぐに」です。

2017年09月17日6時31分

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(36)写真展「記憶〜祈りのとき」銀座開催報告 中西裕人

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(36)写真展「記憶〜祈りのとき」銀座開催報告 中西裕人

9月7日から13日まで6日間にわたり、中西裕人写真展「記憶〜祈りのとき」が開催された。今もなお、女人禁制を貫き、男だけの聖職者、正教徒の巡礼以外、観光客はごくわずかしか入国できない謎の宗教自治国。実態はこれまでほとんど語られてこなかった。

2017年09月16日13時08分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(109)なぜ性を罪悪視するのか? 正木弥

聖書で、性は大切なもの、良いものとして取り扱われています。創世記1章22節に「生めよ。ふえよ。・・・」とありますが、生み、ふえるためには、性とそれに続く出産が不可欠ですから、それが大切に扱われねばならないことになります。

2017年09月16日5時39分

思い出の杉谷牧師(5) 下田ひとみ

思い出の杉谷牧師(5) 下田ひとみ

私たちが通っている鳥取福音ルーテル教会では、教会学校にきている子供たちのクリスマス会があり、劇には杉谷牧師も出演した。また、イブの夜には家々をキャロリングに回るのだが、ある年のこと、こんなことがあった。

2017年09月15日6時36分

平林けい子

主は生きておられる(19)謙遜 平林けい子

イエス様は、謙遜。謙遜はイエス様。東が西から遠いように、南が北から遠いように、謙遜とわたしは、先が見えないほど遠い。いつの日か、謙遜のかけらでも持てるだろうか。

2017年09月15日6時27分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(2)闇を照らす光

やがて船は鹿児島に着き、一行は日本の土を踏んだ。ザヴィエルの目に映ったのは、戦乱のために荒れ果てた町であり、破壊された石垣、焼き討ちに遭った民家が無惨な姿をさらしていた。

2017年09月14日5時08分

臼井勲

床屋談義(7)井戸についての雑考 臼井勲

井戸を使っている家が少なくなった。僕の家ではまだ井戸水を使っている。20年くらい前には、この近所もルデヤの前にあった八百屋さんも、裏手にあった銭湯も、井戸水を使っていた。しかし、今は僕の家だけが井戸を持っている。

2017年09月14日5時01分

温故知神―福音は東方世界へ(80)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本25 川口一彦

温故知神―福音は東方世界へ(80)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本25 川口一彦

国土は、火綿布(石綿)、返魂香(人を蘇生させる香り)、明月珠(別に夜明珠ともいい、月の明かりを出す玉)、夜光璧(闇を照らし出す玉)を出し、一般に盗難もなく平和で楽しく、景教の教えによって国主が立てられ、・・・

2017年09月14日4時56分

福音の回復(43)不安とは何?―不安の正しい解決

福音の回復(43)不安とは何?―不安の正しい解決 三谷和司

人は訳も分からず「不安」になる。一生懸命生きているのに、一生懸命頑張っているのに、「不安」は消えない。何をしようとも「不安」がつきまとってくる。一体、「不安」の正体は何なのだろうか。私たちはなぜ「不安」になるのだろう。

2017年09月13日5時49分

菅野直基

勝ち組、負け組、圧倒的な勝ち組 菅野直基

世の中生きていると、どうしても勝ち組と負け組が鮮明になることがあります。受験にしても、就職にしても、昇進にしても、生活レベルにしても、選挙にしても、オリンピックなどの競技にしても、勝者がいれば、同時に敗者もいます。

2017年09月13日5時46分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング