FINE ROAD(58)スイス2回目視察シリーズ⑤ウイリアム・テルのビュルグレンの村の教会 西村晴道

FINE ROAD(58)スイス2回目視察シリーズ⑤ウィリアム・テルのビュルグレンの村の教会 西村晴道

夜の雨が上がり、ビュルグレンの村はひんやりさわやかな朝を迎えた。薄い雲はあるものの、明るい空、気温15度。ウィリアム・テルはこの村で生まれたという。

2017年09月26日7時28分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(61)ジョージ・ワシントン 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(61)ジョージ・ワシントン 篠原元

1789年、大統領に就任する際の演説の中で、ジョージ・ワシントンはこのように祈っています。「この合衆国民の自由と幸せをどうぞ祝福してください。そして、この重要な目的のために私たちによって始められたこの政府を祝福してください」

2017年09月26日6時41分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(42)結婚の誓い 佐伯玲子

Aは、試合の巡業先に「Xアイテム」を携帯するようになりました。「観音カード」は、ラミネート加工してリングシューズの中に、「観音ペンダント」は、タイツの腰部分に小さなポケットを付けて入れ、試合に臨みました。

2017年09月25日6時47分

門谷晥一

ビジネスマンから牧師への祝福された道(70)会社で忙しくて人に関わる暇がないときは 門谷晥一

会社で働くすべてのキリスト者は、働くことへの召し、および、証しと宣教の召しの両方に召されていることを、まず認識すべきである。そして、忙しく働くことが、やむを得ない理由によるのか、あえてそうしているのかを、冷静に判断することが必要である。

2017年09月25日6時45分

稲川圭三

神さまが共におられる神秘(29) 馬鹿にする人のために祈る神の「ぶどう園」での労働 稲川圭三

「ぶどう園」では苦労も多いかもしれません。自分のことを「馬鹿」と言ってくる人にも、「神さまが共におられます」と祈らなければならないからです。しかしそれは、決して神さまのいのちから離れることのない「ぶどう園」の中にいるという恵みなのです。

2017年09月24日7時09分

牧師の小窓(99)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その15 ドロ神父 福江等

牧師の小窓(99)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その15 ドロ神父 福江等

私ども一行が訪ねて行った長崎県の外海(そとめ)地方では、1人のフランスの神父マルク・マリー・ド・ロ(1840~1914、通称ドロ神父)という方のことが深く印象に残りました。この方にとって外海は「心のランバルネ」であったのだろうと思います。

2017年09月24日5時10分

有田憲一郎

脳性麻痺と共に生きる(36)これが僕の反抗期・・・? 有田憲一郎

「先生が心配していたよ」と、父が言ったことがあります。それは中学部の頃のことです。保護者会で担任の先生から、こう言われたそうです。「有田君、反抗期なのにあんまり反抗しないでおとなしいんです。それがちょっと気がかりで、心配しているところです」

2017年09月23日6時57分

聖書をメガネに 『平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学』に学ぶ基本メッセージ 宮村武夫

聖書をメガネに 『平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学』に学ぶ基本メッセージ 宮村武夫

『平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学』。かなり長時間をかけて熟読、やっと、あるいはついに読了しました。いろいろ線を引いたり、書き込みをしたりしました。ですから、本書の細部からも、新鮮な示唆を幾つも受けました。

2017年09月23日6時40分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(110)自分の栄光を求めることは悪いことではない? 正木称

自分の栄光を求めていくと、往々にして、隣人への愛がおろそかになり、競合するものをねたみ、自分に悪評する者を憎むようになります。悪い評価はそれが正しくてもあからさまにすることを嫌い、時には競争者の失敗・不運を喜び願うようになりがちです。

2017年09月23日6時26分

思い出の杉谷牧師(6) 下田ひとみ

思い出の杉谷牧師(6) 下田ひとみ

私たちが通っている鳥取福音ルーテル教会で、早天祈祷会が始まった。杉谷先生はどんな雪の中でも病人を見舞い、集会をし、訪問をし、説教の準備をした。どんなに夜が遅くなっても、先生が朝の祈祷会を休むことは稀(まれ)だった。

2017年09月22日8時41分

平林けい子

主は生きておられる(20)今しか 平林けい子

来月ではなく、来年ではなく、来週ではなく、明日ではなく、今日ではなく、「今しか見られないのよ」。友の誘いに、真っ盛りの小さな新種のアジサイを楽しんだ。今しか、見られないもの、聞けないこと、話せないこと。今しか、イエス様に話せないことは、何?

2017年09月22日6時24分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(29)続・エンディング産業 広田信也

年間死亡者数の増加に伴い、エンディング産業へ新規参入する企業が増えている。しかし、この業界の背後には、「供養」という言葉に代表される仏教葬儀文化があり、斬新な企画が生まれにくい体質がある。

2017年09月21日18時56分

荘明義

わが人生と味の道(66)エデンの園の食卓・その5 薬に頼らない生活 荘明義

私は、若い時にいろいろな病気をしました。ですから、「食べ物で健康を」ということを非常に意識してきました。実は、うちの家内は10年くらい前から、血圧の薬を飲んでいます。

2017年09月21日18時50分

後藤牧人

日本宣教論(48)原始神道  後藤牧人

神社神道は、明治以後に成立したのであるが、いわゆる「民間信仰」が持っているような迷信的な諸習慣、神憑(つ)き、お告げなどといったものは持っていない。仮にあったとしても、それは信仰や行事の辺縁にすぎない。

2017年09月20日6時58分

菅野直基

神様は平等?不平等? 菅野直基

神様は、私たちに各論的には「不公平、不平等な対応」をされますが、総論的には「公平、平等な対応」をされます。不幸の原因、諸悪の根源は、「木を見て森を見ない」ように、各論的にだけしか物事を見ないで、自分と人を比較して、劣等感や優越感を持つことです。

2017年09月20日6時57分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング