中国で「家の教会」抑圧本格化か カルト指定などで弾圧

2010年12月20日19時02分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:家の教会中国
+
- 広告 -

【CJC=東京】米キリスト教専門アシスト通信は、中国当局が、この所急成長している非公認「地下教会」を「カルト」と決め付け弾圧に乗り出した模様と報じている。

米国に本拠を置くキリスト教抑圧監視団体『対華援助協会』によると、中国共産党政治局が12月1日、「抑止作戦」を極秘指示した。2011年3月まで、本土教会の中では最大部分の抑圧に力を入れると見られる。

関係当局は、全土の「家の教会」に関する情報を集め、上長に報告するよう求められているという。教会指導者や有力信徒のブラックリストも作成されるようだ。

「抑止作戦」は予備的報告段階では、人権擁護者を広範に抑圧するものとし、すでに20人が逮捕され、有罪判決を受けた、と『対華援助協会』は指摘している。

ただ同協会が得た情報によると、今回の抑圧の狙いは「家の教会」のネットワークと会員に絞られているようだ。

有力な家の教会指導者への迫害、バチカン(ローマ教皇庁)の意向を無視しての司教叙階、同協会ウエブサイトへのサイバー攻撃など、最近の政府の行動は、抑圧の前兆だったとも見られる。

『対華援助協会』はこの所、北京政府が「家の教会」運動に行なってきた強烈な敵対行動を控えるようになった、と見ていた。中国内外のキリスト者の中にも非公認の教会が、公認の三自愛国運動に加入しなくても認可されるのではないか、との期待が高まっていた。

しかし同協会は、今回の指示で政府の態度が再び硬化したことを示すと述べている。

当局が「家の教会」を「カルト」とする理由を、中国のキリスト教化を進め、中国の全教会の一致を求め、世界の教会との一致を推進、政府との対話を求めている点にある、と同協会は見ている。

中国では、一度「カルト」と指定された組織なりメンバーが、指定を解除されることはまずないと見られる。仮に解除されたとしても、市民の反感を消すのは容易ではなく、生活にも困難が残る。

気功法の団体『法輪功』も学習者が爆発的に増えて、中国政府は1999年に「カルト」として厳しい抑圧姿勢に出ている。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:家の教会中国

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング