新アルバム「アリオーソ/チェロの祈り」を発表した井上とも子さん

2010年6月25日10時37分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+井上とも子さん。新アルバム「アリオーソ/チェロの祈り」を発表した。

 チェロ奏者であり、牧師でもある。公演ではいつも、曲の合間に聖書からのメッセージを語る。「主イエスにあるただ一つの慰めを届けたい」。20年以上にわたって演奏し続けてきた思い出の曲を収録した。



 5代前から続くクリスチャンの家庭に生まれ、音楽の勉強に明け暮れていた大学2年生の時に受洗。子どものころから聞いていた聖書の話が真実であり、自分の人生すべてが神の愛によって導かれていることを確信した。



 音楽大学卒業後、神学校に入学。きっかけは、祖父の病床洗礼だった。死を間際にして悲嘆に暮れていた祖父が、受洗の喜びのあまり、ベットの上に身を起こして讃美歌を歌いだしたのだ。「主をお迎えするということは、死を待つばかりの祖父にさえ真の喜びと生きる力を与える」。これからの生涯を、ただ主と共に歩みたいと決意した。



 ちょうど同じころ、母の闘病生活が始まった。病名は「若年性アルツハイマー」。字を忘れないようにと毎日少しでも日記を書かせ、食べられなくならないようにと毎日数時間かけて食事を口に運んだ。「他に何も要りませんから、どうか母の病気を治してください」と祈り続けた。だが、病状は悪化。最後は何もできなくなり、息を引き取った。



 悲しみに暮れていたある日、一節の聖句が心の中に深く、静かに響いてきた。「わたしの目にあなたは値高く、わたしはあなたを愛する」(イザヤ書43章4節)。「そうか。母は惨めに壊れてしまったのではない。神様の最愛の子どもとして完全に受け入れられてみもとに召されたのだ」。悲しみの涙が感涙と賛美に変えられた瞬間だった。



 公演でいつものように演奏する曲がある。「ああ感謝せん、感謝せん、我が神、今日まで我を導きませり」と歌うヘンデルの名曲だ。「神様が共にいてくださるから、喜びの時も、悲しみの時も、神様に向かって歌うことができるのです」



 「とも子」という名前は、「インマヌエル―神われらと共にいます」という聖書の言葉からつけられた。「父母が命名してくれた通り、神様がいつも共にいてくださる人生の喜びと感謝を、これからも多くの方々と分かち合っていきたい」



この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング