4人に1人がイスラム教徒 世界で15億7000万人 米機関調査

2009年10月13日08時04分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
 約68億人と言われる世界人口のうち4人に1人に当たる約15億7000万人がイスラム教徒であることが、米調査機関ピュー・フォーラムの調べで明らかになった。



 ピュー・フォーラムは世界232カ国・地域の国勢調査結果などを基にイスラム人口の分布を調査。国別に見ると、最もイスラム人口が多いのはインドネシアの2億286万7000人、次いでパキスタンの1億7408万2000人、インドの1億6094万5000人となっている。



 地域別に見ると、アジア太平洋がイスラム世界人口の61.9%を占める9億7253万7000人で最多。次いで中東・アフリカ北部が3億1532万2000人(20.1%)、サハラ以南のアフリカが2億4063万2000人(15.3%)という結果となった。



 国家の人口に対するイスラム教徒の割合が最も多い地域は中東・アフリカ北部で、全20カ国・地域のうち半数以上で人口の95%以上をイスラム教徒が占める。



 各国で少数派であっても、非常に多くイスラム人口が存在する国もある。インドのイスラム教徒は1億6094万5千人と世界で3番目にイスラム人口が多く、同国人口の13.4%、世界のイスラム人口の10分の1に当たる。中国のイスラム教徒は2166万7千人で同国人口の1.6%を占め、シリアの2019万人より多い。ロシアのイスラム人口は、ヨルダンとリビアのイスラム人口を合わせた数より多い。



 宗派別に見ると、シーア派は全体の10─13%で、スンニ派が87─90%と大部分を占めている。ただ、各宗派の所属組織に関する情報が不確かな国も多く、この数字は概算値であるとしている。



 イスラム人口については、英デイリー・テレグラフ紙が8月、欧州連合(EU)内のイスラム人口が2050年までに現在の約5%から、約20%まで拡大するとの調査結果を発表。また、特に英国、スペイン、オランダの3カ国の「イスラム化」が顕著で、近いうちにイスラム人口が過半数を超えるとの調査報告も出している。



 ピュー・フォーラムは2010年、同様の調査方法を用いて世界のキリスト教人口を調査する予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング