カトリック女性、女性聖職者認めるよう求めローマで行進

2008年10月21日05時48分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:バチカン

【CJC=東京】聖職者になることを願うカトリック女性が、バチカンで世界司教会議(シノドス)の開かれている最中の10月15日、ティベレ川対岸からサンピエトロ広場まで、女性聖職を認めないのは性差別的で、不公平だと抗議する行進を行った。

世界中のカトリック女性組織の代表によるグループは「女性を聖職に」と声を上げ、バチカン宮殿で請願書をスイス衛兵に手渡そうとしたが、受け取られなかった。

米国の『女性叙階会議』のアーイシャ・テーラー代表は、司教253人が集まっているシノドスの間に、問題へ関心を持ってもらうことが狙いだ、と語った。しかしバチカンは、長年にわたる女性聖職禁止を解く姿勢は見せていない。

この5月、バチカンは、女性を聖職から除外することはキリスト教伝統に沿っている、と強く主張、叙階に関係した女性は破門される、との新たな警告を出している。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:バチカン

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング