牧師の小窓(135)手結山の餅屋 福江等

2018年6月10日20時53分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(135)手結山の餅屋 福江等
澤餅茶屋
- 広告 -

高知県人にはなじみのあるお店「手結山の餅屋」のことが時々思い出されます。なぜこのお店のことが思い出されるのか自分でも不思議なのですが、一度でも行かれたことのある人は忘れられない何かを感じるのではないでしょうか。

高知市から海岸沿いに東へ約50キロ行ったところのヤ・シィパークを過ぎ、手結港に曲がる交差点の先にあるトンネルの手前左側にひっそりとたたずむ餅屋さんで、澤餅茶屋といいます。創業170年になり、江戸時代から続いているのだそうです。峠のお茶屋さんで旅人がここで休憩していたのだろうと思います。

忘れられない理由の1つに、ここの餅が一度食べると忘れられないくらいおいしいというものがあります。シナモンが効いていて餅がなんとも柔らかく、ちょうど口に入れるのに程よい大きさで、しばらく食べていないと思い出されてくる不思議な味です。

不思議な魅力というのはそれだけでなく、あの過疎地のお店が170年も続いているということ、同じ味と同じ作り方を頑なに守って、決して流行を追うことなく、これといって宣伝をするのでもなく、静かに伝統を守っているのですが、不思議と客足が途絶えることなく、口コミで広がっていき、高知県の東部へ行くときにはやっぱりそこに立ち寄って、あのシナモンの効いた餅を買っていかないと、と思ってしまうのです。

お店のたたずまいもほとんど昔から変わらず、気を付けていないと通り過ぎてしまうほど目立たないものです。そして、玄関の戸を開けて入っても、営業しているのかな、と思ってしまうほど中は静かです。普通の田舎の古い家に来たような感じです。現代のビジネスの手法からすると真逆のような実に地味な空間です。それでも、存在感があり、なによりも170年も続いているということがすごいことではありませんか。

私がこのお店に魅かれるのは、ある意味でキリストの教会の姿を表しているように感じるからなのかもしれません。人に知られていないようで知られており、忘れられているようで覚えられており、存在感がないようで実は存在感がある、そんなところが教会のようであるからなのかもしれないと思うのです。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング