宣教合唱団シモンコーラス、チャリティー公演で演奏 約800人聞き入る

2018年6月9日21時01分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+宣教合唱団シモンコーラス、チャリティー公演で演奏 約800人が聞き入る
チャリティー公演「アフリカフェスティバル」に根津合唱団と共に出演する宣教合唱団シモンコーラス=5月31日、新宿文化センター大ホール(東京都新宿区)で
- 広告 -

昨年3月に米ニューヨークにある音楽の殿堂「カーネギーホール」で公演した宣教合唱団シモンコーラスが5月31日、新宿文化センター大ホール(東京都新宿区)で開かれたチャリティー公演「アフリカフェスティバル」(NPO法人アジアジュニアオーケストラ協会主催)に出演した。約800人の観客がシモンコーラスのささげる賛美の演奏に聞き入った。

シモンコーラスは、最も美しい賛美をもって神に栄光をささげ、日本と世界の文化交流に率先して日本や世界の宣教を行い、全世界の恵まれない子どもたちに仕えるため、2001年に創設された。日本フィルハーモニー交響楽団を指揮した経験を持つ日本クリスチャン音楽大学学長の星野誠氏が音楽監督・指揮を務める。

毎年恒例となった「クリスマス・ラブコンサート」をはじめ、東日本大震災被災者のためのコンサートや仮設住宅訪問交流会、老人ホーム慰問コンサートなどを開催し、賛美の演奏を通してイエス・キリストによる平和と希望を伝え、人々を励ましてきた。昨年のカーネギーホールでの公演をきっかけに、来年には米ニューヨーク国連本部での招待公演が決まるなど、国内外で注目を集めている。

公演は2部構成で、第1部では、音楽神学校「ワーシップ・ジャパン」講師の田村ジョイ優子さんがメインボーカルを務める「Church Of Glory Worship」が、「麗しい主イエス」「How Great Is our God」などのワーシップソングを会場と一体となって力強く歌い上げた。続いて、ナイジェリアから海を渡り、日本で活動する音楽グループ「PRAISE JOINT」が「Na You Be God」「Akaah」などのゴスペル曲を熱唱し、会場を盛り上げた。

宣教合唱団シモンコーラス、チャリティー公演で演奏 約800人が聞き入る
ゴスペル曲を熱唱し、会場を盛り上げた音楽グループ「PRAISE JOINT」

第2部は、シモンコーラスが根津合唱団と共に「アメイジング・グレイス」などの賛美歌を中心に11曲を演奏。第1部とは打って変わり、オーケストラの荘厳な雰囲気の中、神を賛美する演奏が静寂なホールに響き渡った。ゲスト出演した韓国のソプラノ歌手、イム・ジウンさんが「You reise me up」を高らかに歌い上げると、会場からは大きな拍手が送られた。

公演は、世界の恵まれない子どもたちへの支援を目的に、多国籍企業や国際親善団体らが中心となって企画した。ロビーで開催されたチャリティーバザーでは、アフリカのガボンやナイジェリアなどの特産品や衣服などが販売され、多くの来場者が足を止めていた。収益は全額、ネパールとハイチの発達障害児童の教育支援に充てられる。

宣教合唱団シモンコーラス、チャリティー公演で演奏 約800人が聞き入る
ロビーで開催されたチャリティーバザーに足を止める来場者たち

シモンコーラスでは、合唱団の趣旨に賛同する団員と後援会の会員を募集している。詳しくはホームページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング