人生を変える(3)神が私たちの味方であるなら 榮義之

2018年5月14日19時00分 コラムニスト : 榮義之 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

人生を変える」は、生駒聖書学院の榮義之院長が、自身の人生を築く上で最も役立った12の聖句を紹介するコラムです。今回は第4から第6のみことば(聖句)を紹介します。聖句はすべて新改訳(第3版)を使用しています。

第4のみことば ヨハネの福音書10章10節

わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

多くの人々が、エネルギーを消耗させる内心の葛藤に苦しんでいる。その心は鈍くなり、感動もない。エネルギーにあふれる命は、どうしたら与えられるのだろうか。キリストが、その答えである。

キリストについて聖書は、「この方にいのちがあった」(ヨハネ1:4)と言う。あなたの思いをキリストで満たそう。あなたの心をキリストで埋めよう。そうすれば当然、あふれるばかりのエネルギー、活力、喜び、うれしさ、また情熱が湧いてくる。

第5のみことば ローマ人への手紙8章31節

神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

あなたの抱えているさまざまな困難や問題が一団となってあなたに攻めかかってくる場面を想像してみよう。それから、その問題のすべてに打ち勝つ後ろ盾があることを実感しよう。

元気を失い、欲求不満や失望、敵意、あるいは弱さといったあなたの敵にぶつかり、「いったいどうすればいいのか」と自問するとき、「もし、神が私たちの味方であるなら、誰が私たちに敵対できるだろうか」という答えが返ってくる。

さあ、神が私の味方であると実感しながら、しばらく過ごしてみよう。そうして「神は私と共におられる。神は私の味方だ。神は、欲求不満や敵意といった、私の弱点を克服させてくださる」と信じよう。

それから、そうしたあなたの平和と幸せを破壊しようとする敵が、神の前で打ち破られ、退却していく場面を心に思い描こう。この聖句をあなたのものとして口ずさみ、繰り返し読んでいくうちに、素晴らしい神の実在感と、力強い勝利の感覚があなたに与えられるであろう。

第6のみことば ルカの福音書17章21節

神の国は、あなたがたのただ中にあるのです。

自己不信に陥ったり、劣等感にさいなまれたりするとき、「私には○○がないからダメだ」と言って、諦めてしまってはいけない。あなたの中には、十分過ぎるほどその必要なものがある。実は、神の国があなたの中にあるのである。

神はあなたの人格の中に、必要とする才能をすべて備えてくださっている。だからそういう自分を信じなければならない。そすればあなたの中にある力が解放され、働き始める。

この聖句を読むとき、次のように読み替えてみよう。「神の豊かさ、平和、力が私の中にある。私には何一つ欠けたものはない」と。(続く)

<<前回へ

榮義之

榮義之(さかえ・よしゆき)

1941年、鹿児島県種子島生まれ。生駒聖書学院学院長、同名誉神学博士。日本ペンテコステ教団代表、エリムキリスト教会主任牧師、エリム宣教会代表、朝日放送ABCラジオ牧師などを歴任。著書に『輝き・可能性への変身』『天の虫けら』『30秒の祈りが世界を変える!』など。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング