マーシーミー、ビルボード音楽賞のキリスト教音楽全3部門でノミネート

2018年5月2日13時41分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+マーシーミー、ビルボード音楽賞のキリスト教音楽全3部門でノミネート
男性5人組のクリスチャン・バンド「マーシーミー(MercyMe)」(写真:マーシーミーのインスタグラムより)
- 広告 -

男性5人組のクリスチャン・バンド「マーシーミー(MercyMe)」が、今年のビルボード音楽賞のキリスト教音楽全3部門でノミネートされた。活動歴25年を超えるマーシーミーは今年3月、ヒット曲「I Can Only Imagine」(2001年)の誕生秘話を描いた同名の映画が、宗教映画としては異例の大成功を収め、CD売上数を底上げした。授賞式は、米ラスベガスで現地時間20日に開催される。

ノミネートされたのは、最優秀キリスト教アーティスト賞、最優秀キリスト教アルバム賞(受賞アルバム「Lifer」)、最優秀キリスト教楽曲賞(受賞曲「Even If」)の3部門。4月17日放送の米NBCの番組「トゥデイ」で発表され、ノミネートされたことで、すでに幾つもの仕事のオファーが入っているという。

「Lifer」はマーシーミーの最新ヒットアルバムで、「Even If」も収録されている。「Even If」は、ビルボードやメディアベースのラジオ・チャート(キリスト教部門)で、19週連続1位を獲得する人気曲。

映画「I Can Only Imagine」は、マーシーミーのリードボーカルであるバート・ミラードの半生を描いた作品。同名のヒット曲誕生の裏に、がんで他界したミラードさんの父の存在があったことが明かされている。

映画の公開初週末の興行収入は、予想をはるかに上回る1710万ドル(約185億円)を記録。これは宗教映画としては歴代4位の売り上げで、週末興行収入ランキングでも初登場3位につけた。

ビルボード音楽賞は、2年前からゴスペル音楽3部門を新設。キリスト教関係では現在、キリスト教音楽3部門、ゴスペル音楽3部門の計6部門が設けられている。

■ マーシーミー「I Can Only Imagine」映画版公式ミューシックビデオ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング