生駒聖書学院で創立者クート氏召天50周年記念聖会 ひ孫の宣教師家族も参加

2018年5月1日21時07分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+生駒聖書学院で創立者クート氏召天50周年記念聖会 ひ孫の宣教師家族も参加
レオナード・W・クート氏とエステル夫人の写真を横にメッセージを伝える勝郁也(かつ・いくや)牧師=4月30日、生駒聖書学院(奈良県生駒市)で(写真:同学院提供)
- 広告 -

生駒聖書学院(奈良県生駒市)の創立者である英国人宣教師レオナード・W・クート氏の召天50周年を記念する聖会が4月30日、同学院の大チャペルで開催された。同学院の出身者や関係者ら約150人が参加。クート氏から直に学んだ勝郁也(かつ・いくや)牧師(鹿児島シティチャーチ)が講演し、クート氏のひ孫に当たる宣教師家族も参加するなどした。

1891年、英国で生まれたクート氏は、22歳で石けん会社「ラックス」の日本支社長秘書として神戸に来日した。翌年、聖霊のバプテスマを体験。その年に第1次世界大戦が始まるが、終戦と同時に27歳で独立宣教師となる。米国人のエステル夫人と結婚し、横浜で教会をスタート。地元紙で取り上げられるほどの大きなスタートだったという。

しかし、関東大震災で教会が壊滅し、現在の大阪市西成区に移転。ナメクジがはい回るような廃屋に、ミカン箱でベッドを造るなどして家族5人で生活した。しかし、伝道に対する熱い思いはまったく冷めず、当時日本最大の遊郭として知られた「飛田新地」でも路傍伝道するなどし、ネクタイで首を絞められたり、生卵を投げ付けられたりすることもあったという。

横浜時代から聖書学院を設立するのが夢だったが、生駒市で5千坪の土地を奇跡的に与えられた。そして1929年、12人の献身者を入学生として迎え入れ、生駒聖書学院がスタートした。

第2次世界大戦の開戦により学院は閉鎖され、クート夫妻はエステル夫人の郷里である米テキサス州へ移住。その間、同州サンアントニオに聖書学院を設立するなどした。終戦後の1955年に再来日し、生駒聖書学院を再開。67年まで学院長として、韓国やフィリピンにも聖書学院を設立した(海外校はその後いずれも閉校)。体調を崩したことから、米国の息子の所へ引き揚げ、療養生活を送る。その後は一度だけ、同学院の新年聖会に講師として来日している。そして69年2月、枕元で愛娘から「日本の働きをどうしましょうか」と尋ねられると、「前進!」の声を最後に78年の生涯を閉じ、天国へ凱旋(がいせん)した。

生駒聖書学院で創立者クート氏召天50周年記念聖会 ひ孫の宣教師家族も参加
聖会後に行われた立食会(写真:同提供)

現学院長の榮義之氏は種子島出身で、ちょうど同学院の卒業式が行われていた日に種子島から到着し、そこでクート氏と出会った。卒業式の会場は、クート氏が設立した大阪救霊会館(大阪市西成区)で、「式が終わるとその大きな手で包み込むような握手をしてくれ、『よく、いらっしゃいましたダね』と。その日以来、もう59年も過ぎました。あの日の感激を覚えながら、召天記念聖会を迎えました」と振り返る。

「聖書を読むダよ。聖書に立つダよ。聖霊を受けるダよ。聖霊に満たされるダよ。福音を伝えるダよ」と、独特ながらも心のこもった日本語でいつも語ってくれたという。「(クート氏の)慈父のような大きな愛を思い、恩師の残した生駒聖書学院の働きを、30人の神学生と共に継続中です」と話す。

生駒聖書学院で創立者クート氏召天50周年記念聖会 ひ孫の宣教師家族も参加
クート氏のひ孫であるジョセフ・キャスカート宣教師家族と榮氏(中央)(写真:同提供)

榮氏と勝氏は同年齢で、同学院でも席を隣り合わせて学んだ同期生だ。聖会は榮氏の司会で行われ、勝氏は祝福を受け取ることをテーマに「祝福を御言葉の約束でつかみ取り、福音を宣(の)べ伝えよ」と、参加者たちにチャレンジ。1時間余りにわたって、熱いメッセージを伝えた。

聖会後は、参加者全員による立食会が行われた。大阪弟子教会(同市生野区)が用意した「たこ焼きコーナー」が、行列ができるほど好評で、大人も子どもも楽しいひとときを過ごした。

またこの日は、クート氏のひ孫であるジョセフ・キャスカート宣教師が妻と子ども2人の家族4人で参加。家族は2年前から奈良県五條市に住んでいるが、今後開拓伝道を始める予定だとし、参加者からは盛大な拍手で歓迎を受けた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング