人生を変える(2)人にはできないことが、神にはできるのです 榮義之

2018年5月1日13時52分 コラムニスト : 榮義之 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

人生を変える」は、生駒聖書学院の榮義之院長が、自身の人生を築く上で最も役立った12の聖句を紹介するコラムです。今回は第1から第3のみことば(聖句)を紹介します。聖句はすべて新改訳(第3版)を使用しています。

第1のみことば ルカの福音書18章27節

人にはできないことが、神にはできるのです。

この聖句は、不可能なことをやりとげる方法を示している。自分の問題について判断し、それについて祈り、そのためにできることは何でもしよう。不可能のように見えても諦めずに、「人にはできないことも、神にはできる」と確信しよう。

まず緊張を解くことである。慌てず、騒がず、「できない」などとは決して考えるまい。「それはできるはずである。それはなされつつある。神様が、私を通して働いてくださっているのだから」と言おう。神様がそれを今、していてくださると確信しよう!

結果は必ずしもあなたが今、望む通りのものではないかもしれない。しかし、あなたがこの確信に立って事に当たれば、神が望まれる通りの解決が与えられるのである。

第2のみことば マルコの福音書11章24節

だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。

祈りがかなえられるためには、確信すること、ありありと思い描くことが必要である。欠乏や否定、挫折や病気でなく、成功や繁栄、達成や健康の絵を中心に描こう。祈りの結果としてあなたに与えられるのは、あなたが言ったことではなく、考えたことなのである。あなたが、成就するようにと祈りながら挫折を思っていれば、その祈りの言葉は力を持たない。あなたの心がすでに挫折を受け入れているからである。

だからあなたが祈るときには、神の限りない祝福を受けつつあるのだと信じる訓練をしよう。そうすれば、祝福はあなたに与えられるであろう。

第3のみことば 箴言3章5節

心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。

この聖句は、ノイローゼを防いでくれる。もしあなたがすでにノイローゼにかかっているのであれば、その回復を早めてくれる。

ある有名な神経衰弱専門の医師は、しばしばこの聖句を「処方」して患者に与えている。彼は、この聖句をカードに書き、患者に渡してそれが潜在意識に組み込まれるまで繰り返し暗唱するように命じる。

神経障害の多くは、欲求不満にある。この欲求不満の解消は、自分の知恵や、激しい努力に頼ることでなく、神の導きを信じる、穏やかな信仰による。

欲求不満が癒やされるのは、神があなたの心の願いをかなえてくださるという信仰にある。心の底から神を信頼しよう。そうすればあなたは、健康と幸せのうちに、これからの長い人生を生き続けることができるであろう。(続く)

<<前回へ     次回へ>>

榮義之

榮義之(さかえ・よしゆき)

1941年、鹿児島県種子島生まれ。生駒聖書学院学院長、同名誉神学博士。日本ペンテコステ教団代表、エリムキリスト教会主任牧師、エリム宣教会代表、朝日放送ABCラジオ牧師などを歴任。著書に『輝き・可能性への変身』『天の虫けら』『30秒の祈りが世界を変える!』など。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング