第2回日本青年伝道会議、JEA青年委主催で11月開催 テーマは「神の国マインドに生きる」

2018年4月10日22時06分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

日本福音同盟(JEA)青年委員会主催の「第2回日本青年伝道会議」(NSD2)が11月22〜24日、山崎製パン総合クリエイションセンター(千葉県市川市)やお茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)を会場に開催される。テーマは「神の国マインドに生きる」。JEAが公式サイトで発表した。

日本青年伝道会議は2012年、国立オリンピック記念青少年総合センター(同渋谷区)で第1回が開催された。北海道で開かれた第5回日本伝道会議(09年)で、青年宣教に焦点を当てたイベント開催に向けて思いが共有され、それから3年後に実現。「Reach the Young! 〜分かち合おう、青年宣教の Vision〜」をテーマに、3日間で延べ1300人以上が参加した。

NSD2はそれから6年ぶりの開催。すでに公式サイトも公開されており、第1回と同じく3日間の日程で開催される。青年宣教に重荷のある教職、信徒、宣教団体による「青年宣教サミット」や、2夜にわたる青年大会、聖書講演、世代別フェロシップなどが予定されている。

JEAは03年に世界青年宣教大会(SSST)「すっと青山」を開催し、それを契機に青年委が発足。05年には青年委主催で「すっとKANTO」を開いた。また、日本プロテスタント宣教150周年となった09年には、記念の関連青年大会として「すっとEZRA」が開催された。日本青年伝道会議(NSD)はこれらに続くJEAの青年宣教の働きで、廣瀬理事長は「これらの積み重ねの日本の青年宣教への貢献は特筆すべきもので、奉仕された方々と神様に心から感謝しています」とコメント。「この流れは貴重です。ぜひこの流れに触れる青年や奉仕者や教職を増やしてください」と述べている。

第1回開催後、15年と16年には青年委主催の「NSDセミナー」が開かれ、昨年と今年1月には、NSD2開催に向けたサミットが行われている。実行委員長は、JEA青年委員の佐野泰道氏(日本同盟基督教団霞ヶ関キリスト教会牧師)。プログラムの概要は下記の取り。

22日(木) オープニング、青年宣教サミット、青年大会1
23日(金祝) 聖書講演、世代別ランチタイム、分科会・オプション、フリータイム、青年大会2
24日(土) 世代別フェロシップ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング