FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道

2018年4月10日16時04分 コラムニスト : 西村晴道 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

イスラエルの旅シリーズ ⑨
訪問日 2017年11月12日(日)
シンバリスタ・シナゴーグとユダヤ文化遺産センター
ディアスポラ博物館

シンバリスタ・シナゴーグとユダヤ文化遺産センター
Cymbalista Synagogue and Jewish Heritage Center
設計:マリオ・ボッタ 竣工:1998年

テルアビブ大学構内には、有名なスイスの建築家マリオ・ボッタ設計のモダンな建物がある。タクシーを降りるとすぐ目の前に、大きな2つの塔を持つレンガの建物が飛び込んできた。スイスのモニョの教会、モンテタマロの教会を思い出すボッタの円筒のデザイン。広大なキャンパスの中に静かに建っている。

ロビーから2つのホールへと通じ、1つはシナゴーグ、もう1つは講堂になっている。シナゴーグは中央に祈祷台と説教台、両サイドに会衆席が配置されている。昼の時間、男子学生が2人3人と祈りに来て、キッパ(帽子)をかぶり、腕を黒いテープでぐるぐる巻きにし、日本の山伏に似た姿に変身して真剣に祈っていた。

ディアスポラ博物館 Museum of Diaspora

テルアビブ大学構内にある、ユダヤ人の離散(ディアスポラ)に関する資料を集めた博物館。それぞれの国や時代ごとに、シナゴーグの精巧な模型を展示してあるコーナーは大変興味深い。展示室の壁には次の言葉が記されていた。

“To remember the past, to live the present, to trust the future.” – Abba Kovner
「過去を思い出すことは、現在を生きること、未来を信じること」(私訳)

ユダヤ民族博物館(Museum of the Jewish People)に、シナゴーグの精巧な模型を多数集めた展示コーナー、シナゴーグ建築歴史館があった。まるでキリスト教の歴史建築を見ているようで、なんとよく似ていることかとただただ驚いた。キリスト教の教会の原点を見ているようだった。その中の1つ、フランク・ロイド・ライトの「サンフランシスコのシナゴーグ」は、まさにモダンな教会堂だった。昔、バスツアーでちょっと止まって見たことを思い出し、あれはシナゴーグ(聞いた記憶が・・・)だったのかと。

■ 動画:ぜひご覧いただきたい。キリスト教会堂の原点。

FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道
設計者:マリオ・ボッタ
FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道
サンフランシスコ・シナゴーグ 設計者スケッチ:フランク・ロイド・ライト
FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道
FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道

■ 関連記事:フランスの教会シリーズ③パリのユダヤ教会シナゴーグ

<<前回へ     次回へ>>

西村晴道

西村晴道(にしむら・はるみち)

1948年、靜岡県生まれ。一級建築士。法政大学工学部建築学科卒。住友建設株式会社入社・退職し、アメリカ合衆国ソービック建築設計事務所短期留学を経て、1984年、西村建築設計事務所開設。現在に至る。ルーテル学院大学第10回リード賞(キリスト教芸術分野)受賞。日本福音ルーテル静岡教会会員。著書に『FINE ROAD―世界のモダンな教会堂をたずねて』(イーグレープ)。

【西村晴道・連絡先】
メール:har72nishimura@tbz.t-com.ne.jp

■ 一級建築士事務所 西村建築設計事務所ホームページ
【西村晴道著書】(Amazon)
【西村晴道著書】(イーグレープ)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング