【寄稿】踊り上がる我ら足なえ 矢澤俊彦

2018年4月7日19時46分 執筆者 : 矢澤俊彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:矢澤俊彦

ルステラに足のきかない人が、すわっていた。彼は生れながらの足なえで、歩いた経験が全くなかった。この人がパウロの語るのを聞いていたが、パウロは彼をじっと見て、いやされるほどの信仰が彼にあるのを認め、大声で『自分の足で、まっすぐに立ちなさい』と言った。すると彼は踊り上がって歩き出した。群衆はパウロのしたことを見て、声を張りあげ・・・。(使徒行伝14:8~12、口語訳)

今の時代、私たちは周囲を囲む多くの敵におびえ、引きこもり、閉じこもり、生き難く思い、心身を萎縮させています。救いを求めるあらゆる努力がなされているように見えますが、神様は多くの人にとって遠く、疲れた人々は人生に投げやりになり、むなしさの中で無為に過ごしています。

そういう人を代表するように、聖書は「足なえ」を登場させています。これはなかなかの難病です。聖書は救世主が来るとき、彼らも「鹿のように飛び走る」とあります(イザヤ書35章)。ルステラにいた人は、生まれてからまだ歩いた経験がなかったという。ドッキリとさせられます。これはいったい誰のことか。もしかしたらもう老齢を迎えた人かもしれない。世界を見回してみても、自分の足で歩いている人は少ない気がします。人生のもう夕方5時を過ぎているのに、うずくまったままなのです。

この人々の癒やしのために、あらゆる活動が行われているのがこの世というもの。例えば、四六時中私たちはもう無数の音楽の中にいます。その最良のものは、花々や幼児のように神様に導いてくれるけれど、天国まで引き上げてはくれないように思われます。「すべての文化的活動は、原罪から癒やされたいと願う人間のあがきが生み出したもの」(シャルル・ボードレール)であるような気がします。政治やスポーツ界の狂奔、神学を含む学問、技術、経済界の騒ぎもまた然(しか)りでありましょう。

使徒パウロの語りは多分聞く者をうっとりとさせるほど気分よく、また面白かったことでしょう。抱腹絶倒。笑い転げる場面もあったに違いありません。閉じこもっていた足なえも、ついに自分の穴から出てきて、身を乗り出し、使徒の話のとりことなっていきました。こんなに楽しい時間は、まさに生まれて初めて。それは抹香臭いものでなく、彼が旅行中見聞きしてきたさまざまな世相の描写。快刀乱麻を断つがごとき痛快さがそこにありました。

ここで思い出すのは、古事記で天照大神(あまてらすおおみかみ)が私の郷里、信州戸隠山の岩戸に身を隠された時のこと。また、宗教社会学者・上田紀行氏の処女作『覚醒のネットワーク』で紹介されたスリランカの悪魔払いの儀式です。病者を取り囲み、部落の人たち総出で一晩中ドンチャン騒ぎをするのだそうです。孤独な人にこそ悪霊は憑(つ)くとありました。とにかく、パウロのトークは魅力的だったのです。

その顔はもう太陽のように輝いています。天来の爽やかな風も吹いてきました。多分語りの中心は自分の懺悔(ざんげ)話であったでしょう。敵意をむき出しにした殺人鬼が、一転してすべての人に対して「友情の人」となったという奇想天外のドラマです。

聞き入る足なえの中に「いやされるほどの信仰」が出てきたことを、パウロは認めました。この人の内面はもう充足し切って、「この人の言うことなら何でも聞こう」「このお方についてどこまでも行こう」、そんな思いがあふれ出したとき、雷が落ちてきました。「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」との大声でした。

踊り上がって歩き出した足なえは、もう足なえではありません。生まれて初めて自分の足で立ち、踊りまくっているのです。目も開き、耳も聞こえ、多分歌も歌い出したことでしょう。何という愉快、何という喜悦。あれほど怖がっていたこの世界に、もう怖いものはありません。すべてのゴリアテは打ち倒されました。まさに死人のよみがえりです。以前うごめいていたすべての死と陰府(よみ)の影は、どこを見てももうありませんでした。

パウロの内面にも、同じ恍惚(こうこつ)と法悦の炎が燃えていました。そして、これは周囲に確実に伝わっていきます。それは、人間が人間である限り、どんな人にも伝わり得るのです。これがまことの宗教というものか。ここに人生の基礎となる喜びの岩があるのです。老境にある人も然り。1日は千日のごとしですから。

先日のラジオからの声。「笑顔が大事。不機嫌な顔はそれだけで公害です」。でも、私はちょっと気に掛かりました。心から笑顔で生きるには、今お話ししたようなドラマが必要なのではないかと。

矢澤俊彦

矢澤俊彦(やざわ・としひこ)

長野市出身。20歳の時、信州人気質で努力家の父の急逝がショックで、神学校入学。その後、とりつかれた死神と50年死闘、近年やっとサタンを足下にし欣喜雀躍(きんきじゃくやく)。自分の偽善と観念的信仰でうずくまり、勝ちの歩みは、まさに「砂漠の彷徨(ほうこう)の40年」。さらにこの10年、眼の難病である「網膜色素変成症」の進行とともに、霊眼がさえてきた。1977年より、山形県鶴岡市の日本基督教団荘内教会牧師。礼拝は「解放奴隷のお祭広場」「お笑い劇場」にして、誰でも入れる「高級レストラン」を目指す。桜満開の鶴岡公園で「面白路傍伝道」を計画中。近著に『キリストによるマグマ爆発』がある。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:矢澤俊彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング