中国、バチカン承認の司教を一時拘束

2018年4月5日15時47分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:中国バチカン
+中国、バチカン承認の司教を一時拘束
中国南東部の福建省(赤)(図:TUBS)
- 広告 -

【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)が中国政府と中国国内での司教の任命権について合意を進める中、バチカンに正式に承認されている中国人司教が、中国南東部・福建省にある自身の教区で、当局に一時身柄を拘束されていたことが分かった。

カトリック教会の関係筋によると、福建省■(門構えに虫)東教区の郭希錦司教(59)は3月26日午後に身柄を拘束され、翌27日午後に住まいに戻ってきたという。拘束された理由は不明。

ミラノ外国宣教会が運営するウェブサイト「アジア・ニュース」は、郭司教が26日に同教区の別の職員1人と共に身柄を拘束されたと伝えた。同司教はバチカンは認めているが、中国当局には認められていない。

中国の地元警察と福建省の宗務当局はAFP通信の取材に対し、拘束については把握していないと述べている。

アジア・ニュースによれば、郭司教は26日午後、宗務当局に出頭を命じられ、夕方に荷物をまとめるために住まいに戻った後、現地時間午後10時ごろに連行されたという。郭司教は昨年も20日間行方が分からなくなっていた。

国際人権団体「アムネスティー・インターナショナル」の香港在住の職員、潘嘉偉氏はAFP通信の取材に対し、「司教に嫌がらせをし、正当な理由もなく連行するのは恥ずべき行為であり、信教の自由の侵害」だと話した。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:中国バチカン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング