カトリック教会、『新教会法典』の条文を一部改訂 邦訳が完成

2018年4月1日23時29分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

カトリック教会は昨年10月、ローマ教皇フランシスコが発表した使徒的書簡「マニュム・プリンチピウム(Magnum Principium=重要な原則)」(同年9月3日付)により、『カトリック新教会法典』の第838条を一部改訂した。その邦訳文が、日本の2018年度定例司教総会で確定し、カトリック中央協議会が3月27日、サイト上で公開した。

第838条は典礼に関する条文で計4項からなる。改訂されたのは第2項と第3項で、主に典礼式文の翻訳に関する箇所。同協議会によると、改訂前に比べて「ふさわしい典礼式文を翻訳し認可する各国司教協議会の責務が強調」されるようになった。

カトリック教会では、2千年に及ぶ歴史の中で生み出されてきたさまざまな法規が、20世紀初頭に『教会法典』(1917年公布、翌18年施行)としてまとめられた。現在使用されている『新教会法典』はその改訂版で83年公布。原著はラテン語で、邦訳はラテン語との対訳で92年に出版されている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング