【2018年イースター】「将来に希望を持って」 グレース宣教会代表牧師 藤崎秀雄

2018年4月1日00時00分 執筆者 : 藤崎秀雄 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

イースター、おめでとうございます。万軍の主に、心からの感謝と賛美をささげます。最近考えさせられることは、この国の将来を考えると、若い方々に安易に「将来に希望を持って」とは言えないことです。2千年前のイースターのこと、将来に希望を持てない2人の弟子がエマオ途上を歩いていました。

ちょうどこの日、ふたりの弟子が、エルサレムから十一キロメートル余り離れたエマオという村に行く途中であった。そして、ふたりでこのいっさいの出来事について話し合っていた。話し合ったり、論じ合ったりしているうちに、イエスご自身が近づいて、彼らとともに道を歩いておられた。(ルカ24:13〜15)

この2人の男は、エルサレムを離れてエマオへの道を歩いていました。自分たちの人生を懸け、信じて従ってきたイエス様が殺されたのでした。数日前まで、この国を変えてくださるとの希望を持っていた方が、権力者に捕らえられ、十字架刑という最悪の方法で処刑されてしまいました。なす術もなく、この2人は失意のうちにエルサレムを離れて道を急いでいたのです。

(1)寄りそってくださる方 「安心と感動」

2人は歩きながら、これからどうしたものかと論じ合っていると、1人の人物が寄り添って来られたのです。2人の話題はイエス様のことでした。その話題の本人が、一緒に歩いている。そして、彼らの会話に親しげに加わってくださいました(17、18節「『・・・話し合っているその話は、何のことですか』・・・クレオパというほうが答えて言った。『・・・あなただけが知らなかったのですか』」)。本人を前に、よくもそんなことをと思います。しかし、寄り添ってくださる方は徹底的に耳を傾けてくださいました。

(2)目を開かせてくださる方 「理解と納得」

この方は2人に向かって「愚かな人、信じない人、心の鈍い人」(25節)との激を飛ばし、エルサレムで起こった出来事を、十字架にかけられたご自身のことを、聖書から見事に解説されたのです(27節「・・・イエスは、・・・聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらを彼らに説き明かされた」)。つい先ほどまでとは反対に、彼らは心の内が燃やされ、大きな感動を味わいました。理解と納得を得られたのです(32節)。

一行は間もなく目的地の村に着き、2人が願って、この方と食卓を囲みました。この方が、パンを割いて分けてくださった瞬間、彼らの目が開かれ(31節「それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった」)、2人は、目の前にいるその方が復活されたイエス様であると気付くのです。驚くべきことに、彼らの悩み、煩いの原因、十字架にかけられ死なれた、あのイエス様が復活された。今、ここに生きておられる。ハレルヤ!

(3)行動へ導かれる方 「熟慮から行動へ」

その直後、彼らの前からイエス様は姿を消されます。イエス様がいなくなって、2人は体験したことを、よくよく考えさせられることになります(32節「そこでふたりは・・・。『道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか』」)。経験したことを振り返ることから、熟慮する機会を与えられ、その後の2人は、見事に立ち上がります。33節を見てください。

すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、十一使徒とその仲間が集まって(ルカ24:33)

不安と恐れに支配されていた2人は変えられ、確信を持って、彼らが本来いるべき場所、弟子たちのいる所へ戻っていくのです。復活の主に出会った2人は、目撃した事実を証ししないではおれません。勇気と希望を持ってエルサレムへ帰ると、何とそこで復活の主と再び出会うのです(36節)。その後の記録を見ると、イエス様はご自分の働きを弟子たちにバトンタッチされ、明確なビジョンを与えられました(48節「あなたがたは、これらのことの証人です」)。この弟子たちが、復活の証人となるのです。驚くべき使命が与えられ、キリストの弟子たちは、主のご計画(使徒1:8)の通りに世界へ出ていきました。

それから2千年がたち、2018年のイースターを迎えました。愛兄姉の皆様、この寄り添ってくださる方にあって、祈り、御言葉によく聴きましょう。必ずや目が開かれ、十分な理解と納得を与えられ、立ち上がることができます。私たちの人生の目的、存在の意味は、聖書が単純明快に示しています。御霊の力によって、この社会の中で良きわざと、福音伝道を行い、「復活の証人」として共に歩むことです。私たちの周りの方々のために、命の続く限りに共に働きましょう。確かに復活された、今も生きておられる主イエス様と共に、私たちは将来に希望を持って歩みましょう。皆さんの祝福を祈ります。

藤崎秀雄

藤崎秀雄(ふじさき・ひでお)

1955年東京生まれ。小学3年の時に大阪へ。73年4月、当時の八尾福音自由教会で信仰告白。同年10月受洗。大学卒業後、中学校教諭(数学)を経て献身。88年東京基督神学校卒業、グレース宣教会で奉職。18人の同労者と共にチーム牧会、開拓伝道に従事。グレース宣教会代表牧師、キングズガーデン三重理事・評議員、東京基督教大学評議員。モットーは「主にあって、嫌いな人はいません」。趣味は、壊れたもの修理、水泳、読書、ちょっとした料理。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング