「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

2018年3月23日23時56分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会
餅つき大会の様子=3月2日(写真:神戸国際支縁機構提供)
- 広告 -

東日本大震災から満7年となるのを前にした今月2日、宮城県石巻市の長浜幼稚園(後藤竜記園長)で恒例の餅つき大会が開催された。神戸国際支縁機構(岩村義雄理事長)が、震災翌年の2012年から継続して行っている「支縁活動」の1つだ。この日は岩村氏ら同機構のスタッフ3人が約90キロの餅米を持参した。園児たちは臼と杵(きね)を使って餅をついた。

神戸国際キリスト教会の牧師でもある岩村氏は、震災発生後からほぼ毎月、同園がある石巻市渡波(わたのは)地区を中心に訪れ、傾聴ボランティアや農・林・漁にわたる幅広い「支縁活動」を続けている。今回の訪問は83回目。餅つき大会のほかに、自然に触れてもらおうと、無農薬・有機栽培のコメづくりも、同園と協力して12年から行っている。昨年秋に行われたコメの収穫祭では、園児の母親たちが、阪神・淡路大震災で同じく被災した神戸から来たボランティアたちに、震災当時の様子を、まるで昨日のことのように語ってくれた。

「地震の発生から30分もしてから大津波が押し寄せるとは考えていなかった」

「まだ首がすわっていない赤ちゃんをおんぶして『てんでんこ』(※)に逃げるしかなかった」

「赤ちゃんにミルクを飲ませる哺乳瓶を消毒したくても、必要なライフラインがなかった。紙おむつもなく、おしめを洗うこともできず、道の水たまりですすぐしかなかった」

「家が流され、家族を失い、友人や仕事場の同僚もいなくなった恐怖で乳が出なくなり、近所に授乳を頼みに探し回った」

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、被災地の幼稚園で餅つき大会
昨年春に行った田植えの様子=2017年5月23日(写真:同機構提供)

こうした震災後を生き抜いた子どもたちの卒園式を約2週間前に控えた日に、餅つき大会は行われた。当初は1月下旬を予定していたが、大雪のため今月初めに延期。岩村氏は「卒園前に園児たちがどうしてもやりたかった餅つき大会でした」と話す。

年長組の園児たちとは、春の田植えから秋の稲刈り、脱穀、収穫祭、そして餅つき大会まで、1年を通して触れ合ってきた。昨年春に出会ったときは「例年の園児たちより一回り幼く見えた」というが、会う度に成長していった。

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、被災地の幼稚園で餅つき大会
田植え前にあいさつする岩村氏=2017年5月23日(写真:同機構提供)

餅つきをする前には、両親や地元の人たちを前に、年長組全員で手話を交えての実演も。「1年でこんなに成長した陰には、後藤園長をはじめ多くの教師たちの、ひたむきな教育者としての献身的な情熱と使命感がありました」と岩村氏は話す。

当日朝は雪模様だったが、餅をつき始めるころには晴れ渡った。寒風もまったく気にしない園児たちの「ぺったん、ぺったん」という大きな掛け声が、渡波地区の空いっぱいに響き渡った。

同機構は震災後、「縁(人とのつながり)を支える」という意味を込め、名称中の「支援」を「支縁」に変えた。岩村氏は「私たちと築いた『縁』が、いつまでも虹のように良い思い出となり、学校生活や思春期、受験などで困難にぶつかるとき、共にした体験が生かされることを願っている」と話す。

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、被災地の幼稚園で餅つき大会
無農薬・有機栽培で育てた稲を刈り取り、運ぶ園児たち=2017年10月24日(写真:同機構提供)

園児たちからのサプライズもあった。年長組の園児たち41人が、一人一人心のこもった絵手紙を同機構に贈ってくれたのだ。「園児たちが卒園すると、寂しくなる先生がたの気持ちが痛いほど分かる」と岩村氏。被災地の人々と共に生きる同機構の歩みは、震災7年で終わることなく、これからも続いていく。

※ てんでんこ:「めいめい」「各自」を意味する東北地方の方言。「津波てんでんこ」(津波の時は他の人を気にせず各自で逃げる)と津波対策の合い言葉にもなっている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング