沖縄基地反対活動で逮捕の牧師、2審で一部減刑も有罪

2018年3月20日23時22分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:沖縄米軍基地

沖縄・米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事をめぐり、反対運動中に防衛省職員にけがを負わせたとして、傷害などの罪に問われていた男性牧師(32)=神奈川県大和市=に対し、福岡高裁那覇支部は19日、1審判決を一部減刑した上で、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。共同通信などが同日伝えた。

牧師は2016年8月25日、ヘリパッドの移設工事の反対運動中に、防衛省・沖縄防衛局の男性職員の肩をつかんで揺さぶるなどの暴行を加え、公務執行を妨害し、打撲など約2週間のけがをさせたとされている。

同通信によると、同高裁那覇支部の裁判長は判決理由で、牧師が犯行を主導したとは言えないものの「明らかに行き過ぎた行為」だったと指摘。一方、防衛局職員のけがは軽度で、懲役1年6月、執行猶予3年を命じていた1審判決は「重過ぎて不当」とし、懲役を1年に減刑した。

事件をめぐっては、牧師が所属する日本基督教団の一部教区が「ヘリパッド建設への抗議行動を弾圧するために行われた、不当な逮捕」などとする抗議声明を発表。逮捕が、暴行のあったとされる日から約2カ月後であったことや、防衛省職員のけがの内容に対して疑念を示していた。

一方、地元の琉球新報などによると、反対運動のリーダーとして活動していた沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長(65)に対しては14日、那覇地裁が懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。山城議長は判決を不服として即日控訴。他の男性2人に対しても猶予刑が言い渡され、一部無罪となった1人は控訴しなかったが、別の1人は控訴した。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:沖縄米軍基地

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング