エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペルに引かれるのか」

2018年3月14日21時40分 執筆者 : 打木希瑶子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペル音楽に魅かれるのか」
和洋楽器バンド「ネオジャパネスク」と共演し「How Great Thou Art」を披露する Don’t Give Up クワイヤー=マクドナルド・ゴスペル・フェスト2017で(写真:Gospel Now 提供)
- 広告 -

米東部最大のゴスペル音楽イベント「マクドナルド・ゴスペル・フェスト」(5月11、12日開催)に、今年も日本人で結成された「Don’t Give Up クワイヤー」の特別出演が決まった。ゴスペル界の大物セレブが一同に集まるこのフェストは、米エミー賞受賞プロデューサーのカーティス・ファローさんの呼び掛けにより、36年前にスタートした。スポンサーは、トライ・ステイト(Tri-State)と呼ばれるニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの3州にある約600店舗のマクドナルドのオーナーたち。収益は毎年、若者の大学進学をサポートする奨学金に充てられている。

現時点で決まっている今年のゲストは、グラミー賞受賞アーティストのシシー・ヒューストン、ヘゼカイヤ・ウォーカー、リアンドリア・ジョンソン、バショーン・ミッチェル、メルバ・ムーアら豪華メンバー。今後さらに、大物ゲストが参加表明する可能性もある。Don’t Give Up クワイヤーはその前座としてステージに登場する。出演は今年で9年目だ。

ゴスペル・フェストの観客はほとんどがアフリカ系米国人だが、その中で日本人が歌うことについて、呼び掛け人であるファローさんはどう思っているのか。ゴスペル・フェストで行われるコンテストのオーディション会場に伺い、話を聞いた。

日本の皆さんがゴスペル好きだということは、私も最初は驚きました。ある調査によると、ゴスペル音楽が盛んな地域ランキングは、1位がニューヨーク、続いてシカゴ、デトロイト、ヒューストンと、米国内の都市が続きます。ブラック・ゴスペルは米国の音楽なので、当たり前と言えば当たり前ですが、驚くべきことにトップ10の中に海外の国名が入るのです。日本とドイツです。日本は6位だと聞きました。まさか海外でゴスペル音楽がこれほど人気だとは思いませんでした。ドイツはまだしも、日本のようにキリスト教に縁のない国で人気があるというのは驚きでした。

しかし数年前、日本の友人に招待されて「お茶会」に参加したことがあります。単に一緒にお茶を飲むだけの会だと思って行ったのですが(笑)、カルチャーショックを受けました。何かスピリチュアルな儀式のように感じたからです。私は日本の歴史や宗教などについて詳しくありませんが、私の魂に響きました。その不思議な体験は、私の頭から離れません。何とも説明のつかない感覚でした。それと同じように、日本人も良く分からないけど、魂にゴスペル音楽が響いたのではないかと思うのです。

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペル音楽に魅かれるのか」
グラミー賞受賞アーティストのシシー・ヒューストン。故ホイットニー・ヒューストンの実母。最愛の娘、孫を共に失うという苦難を乗り越え、83歳になる現在もゴスペルを歌い続けている=マクドナルド・ゴスペル・フェスト2015で(写真:Gospel Now 提供)

日本には「いろいろな神様がいる」という信仰があると聞きました。私は、神様は1つだと考えていますから、そこは考え方が合わないと思われるでしょう。しかし、国や肌の色、言語の違いがあっても、同じ人間として、どうしても頭では理解できないスピリチュアルな感覚はあるのです。それは人間がつくったものではなく、生まれながらにして持っているものであり、神様から与えられたものです。

日本ではゴスペル音楽以外にも、R&Bやジャズなどのソウル系の音楽の人気が高いと聞きました。『ソウル(魂)』で感じることができるという点では、日本人はとてもスピリチュアルなものに敏感で、そういったものを感じやすい素直な心を持った人たちなのではないかと思うのです。Don’t Give Up クワイヤーのメンバーとして、ステージに立ったことがきっかけで、クリスチャンになった方や聖書を読み始めた方もいると聞きました。

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペル音楽に魅かれるのか」
昨年に続き、ソロ歌手としてファイナリスト出場が決まった菊田ゆきのさん=マクドナルド・ゴスペル・フェスト2017で(写真:Gospel Now 提供)

政治や宗教、歴史などの問題で、国と国、人種と人種の間で垣根が作られています。しかし、垣根は人間が作ったものであり、音楽の世界にはそれがありません。日本から毎年、多くの方がゴスペル・フェストのために時間とお金をかけて来てくださり、そして素晴らしいステージを披露してくださっています。日本人による Don’t Give Up クワイヤーのステージは、私たち米国人にとって特別なものです。そして同時にこれは、私たちの間には垣根がないという証明になっていると思います。昨年のゴスペル・フェストは、今年のエミー賞にノミネートされました。私たちがゴスペル音楽を通して神様の下で1つになれていることは、会場だけでなく、テレビを通しても伝わっているのです。今年の Don’t Give Up クワイヤーのステージも待ち遠しく思っています。

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペル音楽に魅かれるのか」
マクドナルド・ゴスペル・フェスト2018のポスター

ゴスペル・フェストで行われるコンテスト(毎年1万人以上の応募がある)には、今年はソロ歌手部門で4人の在米日本人がファイナリストとして選ばれている。その1人である菊田ゆきのさんは、ニューヨークでゴスペルを歌っていくうちにクリスチャンとなり、現在は教会のクワイヤーや Don’t Give Up クワイヤーのメンバーとして歌っている。日本人がゴスペル音楽を通して聖書を学び始め、Jesus(イエス・キリスト)と出会っていくのは、とても自然な流れのように思う。日本のゴスペル音楽も一過性のものではなく、米国のように伝道ツールの1つとして定着していくのではないか。

今年の Don't Give Up クワイヤーの指揮は、名古屋芸術大学の非常勤講師で日本を代表するゴスペルシンガー&ディレクターの兼松弘子さん。日本全国から集まるクワイヤーメンバー、ミュージシャン、ダンサーらと共に、5月9日にニューヨーク入りする。翌10日には、ファローさんと共に米テレビ局FOX5の番組「Good Day New York」にも出演する予定だ。また、前回紹介したベテル・ゴスペル・アセンブリー教会(参考記事)の日曜礼拝でも賛美を予定している。ニューヨークはブラック・ゴスペルの中心地。ここに来れば、ゴスペル音楽が伝道に大きな役割を果たしていることを、目と耳でしっかりと確かめることができるはずだ。Don't Give Up クワイヤーのメンバーの募集は3月25日(日)まで。問い合わせは、同事務局(info@nyhcllc.com)まで。

打木希瑶子

打木希瑶子(うちき・きょうこ)

米ニューヨーク在住のゴスペル音楽プロデューサー。米国のスピリチャル音楽レーベル「Pure Soul Music」の代表も務め、アジア人として初めて全米最大級のゴスペルコンテストの審査員に選ばれる。日本の「オレンジゴスペル」の企画者でもあり、ゴスペル音楽を使って「子ども虐待防止 オレンジリボン運動」の啓発にも協力している。米ニューヨーク・ハーレムのベテル・ゴスペル・アセンブリー教会で、日本人訪問者のためのバイブルクラスを担当。毎年、100人近い日本人が教会を訪問している。2016年秋からは、毎週水曜日午後10時(日本時間)にオンラインでのバイブルクラス「国際人としての常識“聖書”を学ぼう」を開催している。詳細・問い合わせは「Gospel Now」まで。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング