中国政府公認のカトリック司教組織幹部「バチカンと間もなく合意文書」

2018年3月13日11時31分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+中国
(写真:Gary Lerude)
- 広告 -

【CJC】中国政府公認のカトリック司教組織「中国天主教司教団」の方建平副主席が5日、毎日新聞の取材に答え、1951年に断交した中国とバチカン(ローマ教皇庁)の関係改善の動きについて「一定の共通認識に至っており、間もなく合意文書に署名できるはずだ」と前向きな見方を示した。政府系組織の幹部が国外メディアの取材に答えるのは異例。

司教団は、同じく政府公認の教会組織「中国天主教愛国会」と共に、中国当局の指導を受けた独自のカトリック活動を支える。方氏は北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)に、河北省選出の代表(議員)として出席している。

複数の国外メディアが全人代後の3月末以降、長年の対立点だった司教の任命方法について双方が合意すると伝えていた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング