闇から光へ~的外れからの解放~(54)Aとの「壁」 佐伯玲子

2018年3月12日21時24分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

X神教祖Y氏の言い付けに従い、2人揃って互いの先祖の墓(6カ所)を熱心に参った結果、(最初の)離婚危機を回避できたと信じた私は、再び「Ⅹ」に通うようになっていきました。「癒やし・奇跡を起こすのは、真の神様」と信じたからです。

元の鞘に納まったように見えましたが、これを境に、徐々に夫Aとの間に「壁」が築かれていきました。この頃、年齢的に子どもについて真剣に考える時期になっていました。男性と違い、女性の出産リミットははるかに早く訪れます。30代半ばとなった私は、そろそろ子どもが欲しいと望み、周囲からも言われるようになっていましたが、Aはどことなく避けている様子でした。

子どもが苦手というのではなく、「養っていけるのか?」という不安からのようでした。何事も石橋を叩き過ぎるところがあり(渡る前に叩き割ってしまうことも^^:)、自分なりに満足のいく仕事ができるまで、家計が安定するまで・・・等々、諸々クリアしてからでないと、進めないところがありました。

私は、そんなAに気を遣い、腫れ物に触るように接するしかなくなっていました。それでも思い切って切り出すと、「他人の事なんて考えられない」と言われました。「血縁がない=他人」と言うのか?妻とは「結婚」しても一生「他人」なのか?「家族」じゃないのか?・・・と、ショックで「もう傷付きたくない」という思いから、ますます本心を言えなくなっていきました。それでも、「きっといら立って、つい口走っただけだ。本音ではないはずだ」と、自分になんとか言い聞かせました。

そんな時期、「X」では、重い腎臓病を抱えながら、奇跡的に赤ちゃんを授かった女性が3人も出ました。「子どもを生んだら死ぬ。たとえ産めたとしても、子どもは奇形児」と医者から脅かされ、家族からも「中絶しろ」と責められた彼女たちが、Y氏の「お墓参りをして、波動を入れたら大丈夫!」との言葉だけを信じ、臨んだ結果、無事出産したのです。

私は、そのエピソードに勇気づけられ、X神に祈り、墓参を続けました。Aも、まだ信仰を持っていたので、私に付き合ってはくれましたが、「子どもに関しては話せない」という雰囲気が全開で、相変わらず、思いを言えない苦しい日々が続きました。

しかしある日、チャンスがやって来ました。地元の花火大会の夜でした。気合いを入れ浴衣を着て、2人で河川敷まで花火を見に行った帰り道、立ち寄った居酒屋で、大きなテーブルを隔てた向かいに2人の子どもを連れた若い夫婦が座り、和気あいあいと食事を始めたのです。その様子がとてもほほ笑ましく幸せそうで、Aも子どもたちを優しく見つめていたので、「今なら言えるかもしれない」と、渾身の勇気を振り絞って、「あんな風に、子どもを連れて来れたら楽しいよね」と切り出しました。

すると、「あんまり想像つかない・・・」と、否定的な言葉が返ってきました。それでもさらに頑張って、「でも、私も早く産まないと、年齢的にも厳しくなっていくし・・・」と言ったときでした。Aから、耳を疑うショッキングな言葉が放たれたのです!それは、女性として一番傷付く言葉でした。まさか、そこまで辛辣(しんらつ)な言葉をぶつけられるとは思っていなかった私は、一瞬にして頭の中が真っ白になり、時が止まり、体は石のように固まり、周囲の音が消え、心臓の鼓動が体の中心で響いている音だけ、辛うじて感じる状態になってしまいました。

思考回路が完全停止しながらも、「夢遊病者」のように、飲めないお酒をひたすら大量に飲み、店を出て家まで歩いて帰る道・・・車道を挟み、Aは右、私は左の歩道を別々に歩き、一切会話することもなく帰宅しました。そして、事件は起こったのです。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング