ゴスペル・タラント企画が活動開始20周年 ゲストの森本二太郎さん「自分の眼鏡を外してみて」

2018年3月7日21時56分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ゴスペル・タラント企画が活動開始20周年 ゲストの森本二太郎さん「自分の眼鏡を外してみて」
腹話術歴40年の加藤幸子さんとキラちゃん。長年相棒として活躍しているキラちゃんは2代目で、初代の相棒はゲンちゃんだという=3日、クロスロード・インターナショナル葛西教会(東京都江戸川区)で
- 広告 -

マジックや腹話術を通して福音を伝える活動をしている「ゴスペル・タラント企画」が3日、活動開始20周年を記念して、「第11回グッド・ハッピー・タイム」をクロスロード・インターナショナル葛西教会(東京都江戸川区)で開催した。この日は、ところどころに聖書のメッセージが込められたマジックや腹話術が披露されたほか、クリスチャン写真家の森本二太郎さんが特別ゲストとして出演。自身が撮影した国内外の美しい自然の写真を紹介しつつ、信仰の証しを語った。

ゴスペル・タラント企画は、マジック伝道者のカイク加藤さん(葛飾中央教会牧師)と、妻で腹話術師の加藤幸子(ゆきこ)さん(同教会副牧師)が行っている伝道の働き。教会や学校などを訪れ、主に子どもたちに分かりやすく福音を伝えている。東日本大震災後には被災地に何度も訪れ、心のつながりを求める現地の人たちに、楽しみのひとときを提供してきた。グッド・ハッピー・タイムは20年前に活動を開始してから、ゴスペル・タラント企画が毎年1回開催してきた伝道イベント。途中ブランクが空いてしまったが、今回、20周年を記念して10年ぶりに開催した。

最初は、腹話術歴40年の幸子さんが、長年連れ添う相棒のキラちゃんと登場。「神様を信じている?」と問う幸子さんの質問に、キラちゃんは「(神様がいるのに)大雪や地震、いいことばかりじゃないじゃない?」と問い掛ける。キラちゃんの率直な質問に、幸子さんが答える。

「でも聖書には、神様の計画は災いを与えるためのものではなく、人々に平安を与え、将来を与え、希望を与えるものだと書いてあるのよ」

また、履歴書には学歴や職歴を書くが、人を形作るのは悲しい経験、苦しい経験という「苦歴」だと、故・渡辺和子氏が本に書いていたと紹介。「私たち一人一人には苦歴がある。本当の喜びを知るためにはそれが必要。その人を形作る苦歴があるのよ」などと、キラちゃんと笑いのある会話をしながらも、人生について深く考えさせるメッセージを伝えた。

ゴスペル・タラント企画が活動開始20周年 ゲストの森本二太郎さん「自分の眼鏡を外してみて」
金属製の3つのリングを切断することなくつなぎ合わせたり、解いたりするマジックを披露するカイクさん

続いて、カイクさんがマジックを披露。紙で作ったハトを本に挟むと、本物のハトが飛び出したり、金属製の3つのリングを切断することなくつなぎ合わせたり、解いたり、また、詩編23編の神の祝福をイメージして、大量のブドウジュースをこぼれることなく小さなコップに入れたりと、次から次へ繰りなすマジックに観客は釘付けになった。また、カイクさん・幸子さん夫婦の孫2人も登場し、金属製の筒から大きな花束を出すなど、カイクさん直伝のマジックを披露した。

この日、特別ゲストとして出演した森本さんは、15年間の教師生活の後、フリーの写真家として活動するようになった。これまで、新潟県の妙高高原や長野県の八ヶ岳、浅間山など、厳しくも美しい自然を撮影できる山麓(さんろく)で長年暮らしてきた。しかし、年齢を重ねた義母の心配などもあり、数年前に岡山県新庄村(しんじょうそん)に移住。終(つい)の住処に選んだ場所は、耕作放棄されてから30年余りもたったリンゴ園だった。

今でも庭にはリンゴの木が幾つか残っており、春には花を咲かせる。リンゴの花の色は白。しかし、つぼみの時は鮮やかな濃いピンクをしている。ある天気の良い朝、ピンクのつぼみを見ていると、1時間ほどであっと言う間につぼみが開き、中から白い花びらが出てきた。躍動するリンゴの花を見て「本当に生きている。これは本当に神様のマジック」と思ったという。

ゴスペル・タラント企画が活動開始20周年 ゲストの森本二太郎さん「自分の眼鏡を外してみて」
第11回グッド・ハッピー・タイムの様子

森本さんが現在住む新庄村は、岡山県の西北端に位置する人口千人ほどの村。平成の大合併時にも合併することなく、小・中学校も「村から子どもの声がなくなってほしくない」という住民の思いから、近隣の学校と統合することを選ばなかった。住民が1つになって支えるこの学校に評議員として携わる森本さんは、教員と生徒のコミュニケーションが良く取れていて、「宝のような関係」があると評価する。

そんな小さな村の学校で、とても興味を引くアンケートがあるという。それは、「家庭学習は良くしているか」「食事の時には『いただきます』と言うか」など、さまざまなテーマについて問う年2回のアンケート。特徴は、保護者と子どもに同じ内容の質問をすることだ。

ゴスペル・タラント企画が活動開始20周年 ゲストの森本二太郎さん「自分の眼鏡を外してみて」
特別ゲストとして出演した写真家の森本さん

親子でほぼ同じ評価になる質問がある一方、大きく評価が分かれる質問もある。評価が分かれるのは、家庭学習や宿題、家での生活態度などについての質問だ。子どもたちは高評価をつける一方、親は厳しい評価をつけるという。

自身も1人の親として経験した子育てを振り返り、「自分の考えに従って、良い子に育てたいという思いが強くあった。『親眼鏡』を掛けて、子どもたちを見ることが多かった」と言う。親子で異なったアンケート結果は、親たちが「親眼鏡」を掛けて、子どもたちを評価していたからではないかと問い掛けた。

「心の扉を開いて相手を受け入れることはとても難しい。では、眼鏡を外して見るのはどうでしょうか。一度、自分の判断基準である眼鏡を外して見てみると、思いがけない真実が見えてくる可能性がある」

近年、老眼鏡を掛けるようになったという森本さんは、近くを見るときはとても役立つが、遠くを見るときはない方がいいなどと例えを話し、「私たちが普段掛けている『眼鏡』は非常に限定的な価値基準でしかないのでは」と問い掛けた。

森本さんの話の後、カイクさんが20年にわたってゴスペル・タラント企画を続けられたことを感謝。最後には、2人の労をねぎらい花束の贈呈も行われた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング