闇から光へ~的外れからの解放~(53)再び「X神」へ 佐伯玲子

2018年2月26日23時28分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

多忙による、夫婦のコミュニケーション不足によって生じた「不倫疑惑」騒動。大げんかの末、夫Aから放たれた非情な言葉にひどく傷付いた私は、家を出てしまいました。しかし、身を置いた先は、自分の実家ではなくAの実家でした。義母はよき理解者であり、A抜きで2人で出掛けるくらい仲が良かったのです。

電話で事情を話すと、「とにかくいらっしゃい」と言ってくれたのです。義母は私の気持ちを察し、慰め、励ましてくださいました。1週間ほど滞在し、義母とたくさん話しているうちに、私の心も落ち着いて冷静な判断ができるようになっていきました。義母の執り成しで、「不倫は誤解」ということにも納得し、Aが私を迎えに来て、とりあえず帰ることになりました。

しかし、ギクシャクした空気は消えず、状況は次第に「離婚へ」と流れ始めました。私は「こんなことで離婚していいのか・・・」と、とても悩み苦しみましたが、その時、ふと「X神」のことを思い出したのです。「多忙にかまけて足が遠のいてしまっていたから、こんな事態になってしまったのだ」と反省(しなくてよかったのですが・・・)、久々に「X」教祖・Y氏の所へ出向きました。

熱心な信者たちの中には、「虫が良すぎる」と思う人もいたと思いますが、Y氏は、「あらぁ、お久しぶり~、元気でしたか~?」と、優しく迎えてくれたのです。私の心は、また再びY氏に引き寄せられてしまいました。

そこで「離婚の危機」を伝えると、「お互いの先祖のお墓参りに、2人で行ってきなさい。ご先祖様が助けてくださるから」と勧められました。「以前、離婚危機になった信者夫妻が、2人で墓参後に和解した」という話も聞きました。確かに、墓参りもしばらく行けていなかったので、「それが原因だったのか・・・」と、ますます反省してしまいました。

しかし、「最悪な関係の中、果たして、一緒に行ってくれるだろうか?」と心配すると、「行けるように“波動”を送るから頑張って!」と言われ、私はその言葉を信じました。帰宅後、思い切ってAに、「最後のお願いとして、一緒にお墓参りに行ってほしい」と頼みました。すると、ぶぜんとしながらも、Aは「コーディネートをすべて私がする」という条件で応じてくれました。

この手の作業は苦手でしたが、この時ばかりは頑張りました。旅行会社のスタッフさんと笑顔で段取りながらも、心の中は「憂いと不安」でいっぱいで「どうか、この墓参旅行で仲直りができますように」と「X神」に祈りながら行いました。

旅は、九州から四国へと巡るものでした。旅行中、ほとんど会話の無いまま、それぞれの先祖の墓参を、粛々とこなしていきました。その数は、なんと6カ所!私たちは、完全に「X神」の意のままに動かされていたのです。そして、いよいよ旅の終わりが近づいた頃・・・Aが、「また、こうやって2人で旅行できるといいな」と言ったのです!その言葉を聞いた瞬間、私の心にパァーッと光が差し込み、うれしい思いでいっぱいになりました。

「神様(X神)は素晴らしい!お墓参りの力はすごい!」と、また一段と信じてしまったのです。当時の私は、「癒やしや奇跡を起こすのは、すべて“真”の神様だ!」と信じていました。この考えが、後に更なる大きな問題を引き起こし、最悪な事態へと私を落としていくとも知らずに・・・ 。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング