「宗教」の項目に新しく「ファンダメンタリズム」や「メガチャーチ」など追加 『アメリカ文化事典』

2018年2月24日19時22分 執筆者 : 青木保憲 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「宗教」の項目に新しく「ファンダメンタリズム」や「メガチャーチ」など追加 『アメリカ文化事典』
『アメリカ文化事典』(アメリカ学会編、丸善出版、2018年1月)
- 広告 -

米国を初心者でも分かるように解説した事典があれば――。そんな願いから生まれたのが『アメリカ文化事典』である。本事典の特徴は、アメリカ学会が発足以来50年の節目を迎えたことを記念して編集されたということである。所属する千人を越える会員の中から執筆者が選ばれ、20章380項目以上に振り分けられた「多岐にわたる米国」の諸断面が生き生きと描かれている。

その中でも特筆すべきは、6章「宗教」の項目である。従来のいわゆる「メインライン教派」の成立や成り立ちに加え、キリスト教以外の諸宗教はもちろんのこと、「ファンダメンタリズム」や「メガチャーチ」という新しい項目が加えられ、「福音派」に関しても80年代以降の流れを踏まえての解説が加えられている。

筆者が担当した「メガチャーチ」では、ペンテコステ諸派(Pentecostals)が初めて公的な事典に加えられたことは、とても喜ばしいことである。特に60年代以降の「カリスマ運動」、90年代以降の「リニューアル」に関してもきちんと定義されたことは、今後、福音派からペンテコステ諸派を歴史的に研究する上での大きな軸を提示できたことになる。

他の項目では、「SNS」や「アメリカンコミックス」などのサブカルチャー、そして11章の「ジェンダー」では、「ヒラリー・クリントン」という項目まである。もちろん「ドナルド・トランプ」という項目も19章「世界とアメリカ」にちゃんと収録されている。

本事典は、大学などで米国に興味を持った学生が、探究の端緒としての基本的な情報と考え方を得られるように製作されている。値段は2万円(税抜き)と少しお高いが、内容は決して劣るものではない。

これから米国を学んでみようとか、今までの疑問に答えが欲しいとか、さまざまなニーズに対する答えが収められているといってもいい。また各章で用いられた参考文献も巻末に掲載されている。これらの本を図書館で探して、そこから本格的な研究に励むというのもいいだろう。

そんな21世紀型の本格的な米国事典である。

アメリカ文化事典』(アメリカ学会編、丸善出版、2018年1月)

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)、現在は大阪城東福音教会(ペンテコステ派)牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング