震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」

2018年2月17日21時46分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」
東日本大震災の被災地のために祈りをささげる参加者たち=11日、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で
- 広告 -

東日本大震災発生から7年を迎えるのを1カ月前に控えた11日、第83回東日本大震災&熊本地震復興支援超教派一致祈祷会が、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で行われ、教職や信徒ら約50人が被災地のために祈りをささげた。

同教会の峯野龍弘主管牧師が震災直後、プロテスタント宣教150周年記念大会(2009年)の共同実行委員長らに呼び掛け、11年4月11日に第1回を開催して以来、毎月11日に絶やすことなく続けてきた。この日、現地報告を行った福島県いわき市のNPO法人グローバル・ミッション・ジャパンの小野泉副理事長は、「毎月お祈りに覚えてくださることに、被災地として心から感謝している」と謝意を示した。

グローバル・ミッション・ジャパンは、震災発生直後から物資支援などの活動を始め、これまでに国内だけでなく、40カ国からボランティア延べ約1万5千人を受け入れてきた。被災者へのメンタルケアや音楽慰問をはじめ、中高年者の太極拳教室や子どもたちのかけっこ教室の開催、農業支援、防災講話会や再建企業見学の実施など、幅広い支援活動を展開している。

小野さんは、震災から間もなく7年となる被災地への今後の支援内容について、「人々に寄り添って、人々のニーズをくみ取っていくしかない」とし、「これからも、被災地の方々の希望を受け取りながら、一つ一つ無理をせずに支援活動を続けていきたい」と語った。

震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」
講演するNPO法人グローバル・ミッション・ジャパンの小野泉副理事長

また、「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである」(エレミヤ29:11)を引用。「この御言葉が、7年近く僕を支えてくれた御言葉。地元で踏ん張って、これからも支援活動を行っていこうとしている。土台はイエス様。被災者でありながら支援活動をしている特殊な状況にあるが、福島を覚えてぜひとも応援をお願いしたい」と呼び掛けた。

参加者たちは現地報告の後、被災地の支援団体や教会、地域経済、原発問題など、具体的な課題を一つ一つ取り上げ、共に祈りをささげた。また、熊本地震の被災地復興や、日本時間の7日未明に台湾東部で発生した地震の被災者のためにも祈った。

震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」
音楽ゲストとして出演したクリスチャン・サウンド・アーティストの中村匡(ただし)さん

この日は、被災地への支援活動に取り組むクリスチャン・サウンド・アーティストの中村匡(ただし)さんが音楽ゲストとして出演。仙台市郊外にあるカフェ「生石庵(おいしあん)」のために作曲した「プレイス・トゥ・リターン」など、オリジナル曲3曲をウクレレで演奏した。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング