闇から光へ~的外れからの解放~(52)爆発 佐伯玲子

2018年2月15日19時37分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

1年間の休業を経て、プロレス界に華々しい復活を遂げたA。やりたかった役者の仕事も思い切りでき、リングでも生き生きしていました。

ロサンゼルスで公演したショー(私の脚本&演出でした)に出演したり、春一番・神奈月君たちと一緒に定期開催していた「プロレス・お笑いライブ」に蝶野正洋さんとゲスト出演をしたり、江藤博利(元ずうとるび)座長率いる喜劇劇団では、夫婦共演もさせていただきました。

お互いのブレーンをコラボし合うことでさまざまな可能性が広がり、活気付いていきました。が、その分多忙になり、スレ違う日々が続いて会話も徐々に減り、Aは、あまり自分のことを話さないようになっていきました。私は、彼より先に帰宅するように努め、遅くなるときは食事の準備をしてメモを置いて出るなど、いろいろ気を使い、努力していたつもりでしたが、彼の希望には足りていなかったようでした。「結婚しても仕事は続けてほしい」と言って応援してくれていた安心感で、気付けなかったことがたくさんあったのかもしれません。

そんな折、私が大変お世話になっていた劇団の座長にAが大変気に入られ、出演オファーが来ました。その舞台で事件は起こったのです。

外部からアンサンブル・ダンサーとして出演をしていたMさんが、Aに大いに好意を持ち、大胆なアタックを仕掛けてきたのです(・・;)共演をしていた親しい役者仲間たちが、心配して知らせてくれたことで分かりました。Mさんは、Aの他、男優の方数人にもアタックしていたらしく、しかもすべてパートナー(妻・恋人・婚約者)のいる方ばかりだったことで、至る所で問題が勃発していた、というのです。

Aのことは信頼しつつも、会話が減っていたことで心をうまく読み取れず、不安と心配は募る一方でした。そして、ついに我が家にも爆発が起きてしまったのです!

ある朝、MさんからAの携帯に電話が入りました。稽古場に行くのに「自宅まで迎えに来て」とお願いされていると察しました。「女の感」は鋭いと申しますが、見送った後、「事実を確かめたい!」思いに駆られた私は、その夜、Aが長風呂に入ったのを見計らい、「携帯を盗み見る」禁断行為に走ってしまったのです。

いけないと分かっていながら、押さえることができませんでした。「悪いことじゃない。皆やってるじゃないか。今がそのチャンスだ!早く確かめろ!」。悪魔の誘惑に負け、開いたメールを見た途端、全身が炎上するほどの戦慄が走りました。そこには、Mさんから送られた、絵文字満載の、猛烈ラブアタックメッセージがぎっしり!!一つ一つ読み進めていくうち、その大胆でいわゆる「非聖書的」な内容に、私の「怒りのケトル」は沸点に達し、形容し難い感情音が、お腹の底から「ピーーーーー!!!」と鳴り響き、「嫉妬の熱湯」が派手に噴きこぼれました。

「嫉妬」の感情に鈍感だった私が、気がおかしくなって壊れかけたほどでした。それまで1度も味わったことのない感情でした。コミュニケーションがしっかり取れていれば、「こういう人もいるんだ」と一笑に付して終わっていたことだったと思います。後に、自分にまったく興味を示さないAをもどかしく思い、Mさんが楽屋で大々的に愚痴っていたと聞きました。Aは、私を裏切る心など少しも無かったのです。

人は、自分の置かれている環境によって、簡単に感情のコントロールができなくなるものだと痛感しました。イエス様と共にいなかった当時は、すべてを自分1人で背負ってしまい、拠り所もなく、とても苦しみました。その夜は、Aを問い詰める気持ちを必死で堪え、床に就いたもののまったく眠れず、気付けば朝になっていました。

「冷静に!」と怒りの感情を鎮めようとしましたが、抑えることができず、ついに「これは一体どういうこと?!」と、朝一番、迫ってしまったのです。「まったくの誤解。何も無い」と、Aも最初のうちは冷静に返していましたが、私の高ぶる炎がやがてAにも着火し、今まで溜めていた不満を一気にぶつけられました。

私の努力と心遣いを完全否定するような酷い言葉の攻撃に、情けなさ・悔しさの感情が複雑に絡み合い、自己コントロールが不能となりました。そして、Aが仕事に出て行った後、私は荷物をまとめ、家を飛び出したのです。しかし、身を置いた先は意外な場所でした。そして、再び私の足は「X神」へと誘(いざな)われていくのでした。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング