ドイツ司教協議会、「主の祈り」の訳はそのままで 教皇と異なる見解

2018年2月7日16時13分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ドイツ司教協議会、「主の祈り」の訳はそのままで 教皇と異なる見解
(写真:Pixabay)
- 広告 -

ドイツ・カトリック司教協議会は1月25日、ローマ教皇フランシスコが「主の祈り」の訳を改訂すべきだとする見解を示していたことに対し、改訂は行わず、現行の訳を使用し続ける立場を示した。

フランスのカトリック教会は昨年12月、主の祈りの「我らをこころみにあわせず」の部分を、フランス語で「我らを誘惑に従わせないでください」と訳していたものから、「我らを誘惑に入らせないでください」と訳するものに変更した。その後、教皇はテレビ番組の中で、主の祈りに使われている現行の表現は、サタンではなく神が直接、人を罪に導いたり、罪を強要したりすることを暗示するとして、訳の改訂を支持する発言をしていた。

これに対し、この問題を議論してきたドイツ・カトリック司教協議会は、現行の主の祈りの表現を変えるべきではない強力な「哲学的、釈義的、典礼的」理由があり、「少なからぬエキュメニカル的」理由もあると説明し、改訂しないことを明らかにした。

カトリック系ニュースサイト「クラックス」(英語)によると、「我らをこころみにあわせず」の部分は「全能の神に抱かれ、(罪から)贖(あがな)っていただくことへの信頼」を示している、と同協議会は述べている。また、伝統的表現の踏襲は、プロテスタント教会や他の教会との連帯を維持することにもつながると指摘した。

一方、英ガーディアン紙(英語)によると、教皇は昨年12月、イタリアのカトリック系テレビ局「TV2000」の番組で、現行の主の祈りの表現について次のように語っていた。

「これは良訳とはいえません。なぜなら、神が(罪を犯すように)誘惑すると述べているからです。・・・しかし罪を犯すのは私であって、神が誘惑に陥るよう強要したり、私の堕落ぶりを眺めたりするわけではありません。父親はそうはしません。子どもが倒れたら、すぐに立ち上がらせてあげます。私たちを誘惑に導くのはサタンです。それがサタンの持ち分なのです」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング