スペインでプロテスタントが急成長、教会数4千突破 政府機関が報告書

2018年2月6日19時30分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:スペイン
+スペインでプロテスタントが急成長、教会数4千突破 政府機関が報告書
スペインの首都マドリード市内の様子=2010年5月12日(写真:Felipe Gabaldon)
- 広告 -

カトリックの伝統が強いスペインで、プロテスタント教会が急成長している。最近発表された報告書によると、同国では過去6カ月間に87のプロテスタント教会が新設され、教会数が4千の大台を超えて4045となった。

報告書は、同国法務省の宗教多元性調査局が半年ごとに発表しているもので、今回の報告書(スペイン語)は、昨年6月から12月までのデータに基づいている。この調査では、聖公会やセブンスデー・アドベンチスト教会もプロテスタントとして分類されている。

福音派ニュースサイト「エバンジェリカル・フォーカス」(英語)によると、同国内のプロテスタント教会の数は、1993年は1435だったのに対し、97年は1632、2012年は3540と急激に増加。昨年12月時点で、同国内における礼拝所のうち、カトリック教会が77パーセントを占めるのに対し、プロテスタント教会はその次に多い12パーセントを占めるほどに成長した。これは、4パーセントであるイスラム教の3倍。

スペインにある伝道団体の代表を務めるマキシモ・アルバレス氏は、この成長傾向は「持続しているだけでなく、加速しています」と言う。

アルバレス氏は、スペインのニュースサイト「プロテスタント・デジタル」のインタビューで、「スペインでは毎週1・5教会、1カ月に6教会、すなわち1年に82教会が開拓されています。諸教会とさまざまな教団によって行われている教会開拓の新しい取り組みのおかげで、この数字は増加し続けています」と話している。

こうした傾向は、カトリックの影響が強い中南米でも同じだ。1900年から60年まで、中南米諸国では人口の約90パーセントがカトリックだったが、2014年に米ピュー研究所が行った調査によると、この50年でその数は69パーセントまで減少した。現在は、中南米出身者の5人に1人が、自らをプロテスタントとみなしているという

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:スペイン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング