キリスト教一致祈祷週間とWCC創立70周年記念する礼拝、ジュネーブで

2018年2月5日23時52分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ キリスト教一致祈祷週間とWCC創立70周年記念する礼拝、ジュネーブで
礼拝で説教を取り次いだジョーゼット・グリビ氏(写真:世界教会協議会=WCC / Ivars Kupcis)
- 広告 -

スイス・ジュネーブのエキュメニカル・センターで1月24日、キリスト教一致祈祷週間と世界教会協議会(WCC)の創立70周年を記念する礼拝が行われた。

WCCは1968年以降、ローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会(PCPCU)と協力し、同週間のための冊子を毎年共同で発行している。同週間は北半球では伝統的に1月18日から25日までで、今年は出エジプト記15章6節の「主よ、あなたの右の手は力によって輝く」がテーマ。毎年、担当国・地域が持ち回りで準備をしており、今年はカリブ諸国の諸教会が礼拝式文などを用意した。

エキュメニカル・センターのチャペルで行われた礼拝は、ジュネーブ・エキュメニカル教会コミュニティー集会(RECG)が主催した。冒頭には、WCC創立70周年記念行事のコーディネーターで、約30年にわたってエキュメニカル運動に携わってきたゲオルゲス・レモポウロス氏(WCC元総幹事代行)が歓迎の辞を述べた。

WCCは今年1年を通じて、加盟教団・教会が平和と正義に向かって進んでいくよう、さまざまなイベントを企画し、創立70周年を祝うことにしている。

礼拝の説教を取り次いだのは、ジュネーブ・エキュメニカル神学ワークショップのプロテスタント側の責任者であるジョーゼット・グリビ氏。説教では、敵対する者に対する神の怒りが、苦しむ人々にとってはいかに力と愛のしるしになるかを語った。

出エジプト記15章には、エジプトの軍勢に追われたイスラエルの民が、真っ二つに割けた葦(あし)の海を渡って助かり、神に賛美する場面が描かれている。グリビ氏は「(エジプトの)兵士たちと相対するとき、神の民(イスラエルの民)には生き残る見込みはまったくありませんでした。しかし、神の力によって彼らは敵から逃れるのです」と語った。

また、神は自分の民を解放するために来てくださり、歩き続けるよう励ましてくれると強調。「神の民には忍耐が必要です。そして(また別の)さまざまな困難に立ち向かうことになります」と伝えた。この他、「カリブ諸国の人々は奴隷から解放されましたが、いまだに困難な時代を生きているのです」と、植民地時代に長い間、奴隷制度に苦しみ、今もその傷跡が深く残るカリブ諸国について触れた。

※ この記事は世界教会協議会(WCC)のプレスリリースを日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング