熊本バンド結成142年 結成の地、花岡山で恒例の早天祈祷会

2018年2月1日17時36分 記者 : 坂本直子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+熊本バンド結成142周年 恒例の早天祈祷会を開催
地元の報道によると、早天祈祷会には250人が集まった。(写真:熊本バンド142周年記念行事実行委員会提供)
- 広告 -

日本におけるプロテスタントの源流の1つ、「熊本バンド」の結成を記念する早天祈祷会が1月30日、熊本市の花岡山山頂で開かれた。朝6時半から始まった祈祷会には、一般の信者やキリスト教系の高校に通う生徒などが集まり、賛美と祈りをささげ、当時の生徒たちが誓った「奉教趣意書」を朗読するなどした。

「札幌バンド」「横浜バンド」と並んで、明治期のプロテスタントの源流の1つとなった熊本バンド。1876年、米国人教師L・L・ジェーンズからキリスト教の教えを受けた熊本洋学校の生徒35人が花岡山で集会を開き、奉教趣意書を読み上げ、キリスト教精神を日本に広めようと誓い合ったことで始まった。「バンド」とは、こうした誓いによって結ばれた人たちを称した呼び名。

当時のメンバーには、小崎弘道(日本基督教連盟会長、第2代同志社総長、日本基督教団霊南坂教会創設者)、下村孝太郎(第6代同総長)、海老名弾正(第8代同総長)ら、そうそうたる名が並ぶ。その大部分は創立直後の同志社に転校し、同志社のみならず、日本の近代市民社会形成に大きな貢献を果たした。現在の熊本YMCAも、熊本バンドの精神を受け継いでいる。

早天祈祷会は毎年1月30日に行われる恒例の行事で、今年で142周年記念となる。祈祷会では、たき火を囲みながら賛美をし、ヨハネによる福音書第10章1~16節が読み上げられた。その後、九州学院高校とルーテル学院中学・高校の生徒が練習を重ねてきた賛美をささげた。

続いて、熊本大学YMCA花陵会の鹿田純一さんが、奉教趣意書を原文のまま朗読。その口語訳である「キリスト教を信じる宣言文」に記された次の3つの約束を、九州学院高校の桑原慎太郎さんが読み上げた。

  • キリスト教を信じる者は、お互いに兄弟としての交わりをもち、生活全般にわたって、互いに戒めあい忠告しあいながら、良い行いを実行しなければならない。
  • いったん、キリスト教の信仰を持ちながら、信仰にふさわしい生活ができない者は、神をあざむくことになる。また、自分自身の心をもあざむくことになる。こうした者は、必ずや神の罰を受けることを知らなければならない。
  • 今日、我が国の多くは、キリスト教を拒否している。それ故に我らの内、たとえ一人でもキリスト教をすてる者は、世間の物笑いになるだけでなく、我らのせっかくの決意をもふみにじり、実行不可能にしてしまう。ともども、努力しようではないか。
熊本バンド結成142周年 恒例の早天祈祷会を開催
同志社創立90年記念に寄贈され、1965年に建立された「奉教之碑」の前で奨励を行う横井氏(写真:同提供)

その後、「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(ヨハネ8:12)の聖書箇所を通して、同志社大学キリスト教文化センターの横井和彦所長が、「150周年、200周年に向けて」と題して奨励を行った。

今年は2年に一度行われることになっている講演会が、祈祷会前日に熊本バンドゆかりの熊本草葉町教会(熊本市)で行われた。この講演会では、横井氏が「同志社の基礎、精神」をテーマに講演した。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング