闇から光へ~的外れからの解放~(51)Aのプロレス復帰 佐伯玲子

2018年1月30日18時10分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

突然の「プロレス引退宣言」から約1年間の休業。多くの方の励ましや助けを得て、悩み苦しんだ時期を乗り越え、休業期間が終わる寸前、「プロレス復帰」へと再びAの心が向かい始めた1999年12月、蝶野さんが、自宅のクリスマスパーティーにご招待してくださいました。

うれしくて、2人で差し入れのお菓子やプレゼントを買いに出掛けました。冗談を言い合いながらの楽しいショッピング、久しぶりに幸せを感じるひと時でした。

初訪問の蝶野家。それはそれは、ため息が出るほど素敵なお宅でした。モノトーンで統一された、おしゃれモダンなインテリアは、まるでモデルルーム!ご夫妻もインテリアに合わせ、シックなブラックコーデと完璧!感動の連続でしたが、一番驚いたのは、招かれたのが私たち2人だけだったことでした!以前、「Nちゃん(Aのニックネーム)のことは心配しないで任せて」と電話で言われたことを思い出し、「Aの復帰に関して、何か話があるのかも?!」と感じました。

おいしいディナーと、プレゼント交換を楽しんだ後・・・蝶野さんから、「来年(2000年)、新ユニットを立ち上げる」というお話がありました。それが、「TEAM 2000(チーム・トゥーサウザンド)」でした(乗っ取られた「nWoジャパン」を倒すために結成したヒールユニット)。

蝶野さんもまた、首の負傷で長期欠場、復帰に向けて準備をされていた頃で、「立ち上げメンバーに参加してくれないか?」と誘ってくださったのです。その思いを聞いたAは感銘し、「お役に立てるなら!」と快諾。復帰に向けて、一歩大きく前進しました。これは、神様からのクリスマスプレゼントだったのかもしれません。

いよいよ、復帰に向けての本格的な準備が始まりました。約1年ぶりの復帰ですから、「よりインパクトのある登場を!」と、まずリングネームを変更、黒髪を金髪に変え、登場コスチュームは、劇団「新感線」(古田新太さん所属)のデザイナー・竹田団吾氏に依頼したデコライティブで、近未来戦士を思わせる黒レザーベスト、顔には特殊メイク的「バットマン・ロビン」風黒アイマスクといういでたち。まるで、アメコミから飛び出したキャラクターのごとく「大変身!」を遂げました。 欠場前に属していた「平成維新軍」(和武道テイストの赤柔道着)からは想像もつかぬ、大胆なマイナーチェンジでした。

迎えた復帰戦は、積雪の北海道で。試合中盤、劣勢になった蝶野選手を助けるべく、突如参上した金髪のマスクマン!素早くリングインするや、見事な空中戦を展開!そのファイトスタイルに、実況席も観客もすぐAだと分かり、場内は騒然!ブランクを感じさせない動きに、実況コメンテーター・マサ斎藤さんも好評価。試合も見事勝利し、その後も快進撃を繰り広げました。試合後のインタビューで、蝶野さんがAを「ムービースターだ!」と言ったことで、以降、それがAの「キャッチコピー」となりました。

選手契約も、プロレスと俳優を両立できるようにしていただき、年間試合数が減った分、年俸も減りましたが、「二足のわらじ」生活は、Aを生き生きとさせました。プロレスリングでは「TEAM 2000」として蝶野さんたちと大暴れ、初のフィギュア!も製作されました。俳優としては、東映「仮面ライダークウガ」(オダギリジョー主演)・サザンオールスターズのミュージックPVなどに出演、また、さまざまな舞台のお仕事も頂き、プロダクションの勧めで、ハリウッド帰りのアクティングコーチから演技指導を受け、演技力も向上していきました(私も一緒に受け、この時の経験が現在、アクティングコーチの仕事にとても役に立っています)。

物事が順調にいくと、神頼みをする気持ちが薄れ、「X」(墓参り信仰の宗教)から足が遠のき始めていました。そのまま切れていたら、後の大惨事も起こらなかったのでしょうが・・・「X神」は、私を引き戻そうと、新たな「暗雲」を夫婦関係に解き放ってきたのです。 最初の離婚危機でした。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング