百人一読―偉人と聖書の出会いから―(79)ベンジャミン・フランクリン 篠原元

2018年1月30日07時31分 コラムニスト : 篠原元 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから―(79)ベンジャミン・フランクリン 篠原元
ベンジャミン・フランクリン(1706~90)
- 広告 -

「青年よ。私からの忠告は、聖書への知識と堅い信仰を深めることだ。なぜなら、これはあなたにとって確実に有益だからだ」(『100人の聖書』124ページより)

18世紀に米国独立に大きな貢献をしたベンジャミン・フランクリンがこのように語りました。彼は、アメリカ合衆国建国の父の1人であり、各国で全権公使の外交官として活躍。ペンシルベニア州知事なども務め、政治家としても活躍しました。現在の米国100ドル紙幣に描かれている肖像こそ、彼のものです。そして、避雷針やグラスハーモニカなど多くのものを発明した人物でもあります。

その彼が語った言葉。現代人も耳をとめ、心をとめる必要があるのかもしれません。彼は、「聖書への知識と堅い信仰を深めること」を忠告として語りました。そして、それこそが、「あなたにとって確実に有益だからだ」というのです。

私たちの周りに、確実に有益なものはあるでしょうか。あっても、少ないはずです。確実に有益だと信じていたものが、実際はそうではなかったというケースが多々あるはずです。「これは有益だ」と信じ切って毎日していること、または、何も考えずに、習慣や常識としてやっていることが、実は無益なものだったり、確実に有害なものだったりするわけです。

アメリカ合衆国建国の父であり、多くの発明をなした人物であるベンジャミン・フランクリンの勧め、忠告を1つ受け入れてみませんか。そこらのオジサンやオバサンが言っていることではないのです。ベンジャミンの忠告です。聞く価値、心にとめる価値があるかもしれません。

そう、聖書への知識と堅い信仰を深めることです。それこそ、確実に有益なことらしいです。ベンジャミンの忠告通りにやってみませんか。聖書を読んで、聖書から知識を得て、聖書の素晴らしい言葉を信じて生きていくことを。

ベンジャミンほどの男が語った忠告です。試す価値はあるかと思います。そして、簡単なことですから。何千万円も投資しろとか、今すぐ仕事も家も捨てて山にこもれとかいうのではないのです。ただ、聖書を手に取って、読み出すことから始められるのです。中古の聖書なら安く買えるでしょう。新品でも目が飛び出る額はしないはずです。

ベンジャミン・フランクリンも多くの発明を多くの失敗のもとで成してきたはずです。今まで、いろいろな失敗があっても大丈夫。今日からリベンジして、成功への道を進みましょう。その方法が、ベンジャミンが忠告したことを「やってみる」というものなのです。さあ、聖書を手に取って、確実に有益なものを手に入れ、確実に有益なことにまい進していきませんか。

(聖書購入の際は新改訳・新共同訳、または、新約聖書のみの新和訳・新約聖書翻訳委員会訳をお薦めします)

次回の百人一読は、大韓民国第17代大統領李明博(イ・ミョンバク)氏と、本当に信じることのできる存在をご紹介する予定です。

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープがある。

各種依頼などに関する問い合わせは、以下の教会ホームページまたは「100人の聖書基金」ホームページを参照。

炎リバイバル教会ホームページ
「100人の聖書基金」ホームページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング