なにゆえキリストの道なのか(127)人生が苦しければ、死んでもいいか 正木弥

2018年1月27日07時43分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

人生が苦しければ、死んでもいいか。

人生は良い時、楽しい時ばかりではありません。苦しい時、つまらない時、展望が開けない時、先行きに何の光も見えない時、追い込まれて逃げ場がない時、むなしくて仕方がない時、などなど結構多いものです。そんな時、なお生きることに何の意味があるのか、生きていてどこへ行くのか、失望の雲に囲まれて分からなくなって、すべてを投げ出したくなります。「生きていても面白くない」「死んだら楽になれる」「自分の命だ。どうしようと構わぬではないか」「ええい、死んでやれ」。ということで、自殺してしまうのでしょうか。

「自分の命だ。どうしようと勝手だ」とは、口に出さなくても、きちんと意識していなくても、自殺者の気持ちの前提です。いや、自殺者だけでなく、ほとんどの人の意識の中にあるのではないでしょうか。この言葉、この考え方が間違いだとはっきり言える人はほとんどいません。「早まるな。生きていればまたいい時が来るから」「何か没頭できるものを探してみればいいよ」。それくらいは言えますが、あくまで「自分の人生なんだから、放っておいてくれ」と言われれば、それ以上言う言葉がありません。

しかし、キリストの神を信じる者の言葉は違います。「人の命は神がお造りになったもの、自分の気分や考えで勝手に処分していいものではありません。神はあなたの人生にも目的を持っています。もし、あなたがキリストを信じさえすれば、あなたを神の子とし、将来永遠の命を与える、という目的なんです。今の人生のつらさ、苦しさは永遠に続くものではありません。だから、生きられる間は神が生かしてくれているのですから、自分で死んではいけません。その間にキリストの神を信じ、神の子とされなさい。そうすれば、道が開かれます」と。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング