ナイジェリアで誘拐の修道女ら6人解放

2018年1月22日23時51分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ナイジェリアで誘拐の修道女ら6人解放
(画像:Profoss)
- 広告 -

西アフリカのナイジェリアで昨年11月に誘拐されたカトリックの修道女ら6人が解放された。カトリック系ニュースサイト「クラックス」(英語)が伝えた。

誘拐されたのは、同国南部エド州にある聖体聖心女子修道院に所属する修道女3人と、修道女志願の女性3人。昨年11月13日に居住地から連れ去られ、誘拐犯たちはスピードボートを使って逃走したと伝えられている。

同修道院は5万5千ドル(約600万円)の身代金を要求されていたが、アガサ・オサレコ修道院長は、6人の解放のために金銭のやりとりはなかったと強調。「最も重要なことは、私たちの姉妹たちが解放されていることです。私たちは幸せです。神に栄光がありますように」と述べた。

6人は地元警察の働き掛けにより、今月6日に解放された。健康な状態で見つかったが、誘拐犯たちは逃亡したという。

ナイジェリアでは、キリスト教の聖職者らが身代金を目的とした誘拐のターゲットとして狙われている。教会側は身代金の支払いに応じない姿勢を示しているが、誘拐事件の発生件数は増加しているという。

今回の誘拐事件は国際社会でも注目を集めたことから、6人の解放のために十分な措置をしていないとして、ナイジェリア政府にも批判の矛先が向けられた。

ナイジェリア・カトリック司教協議会は昨年12月、「悪しき人々が誘拐、凶器を使った強盗、他の非人道的活動を通じて私たちの仲間を人質に取り、身代金を要求し続けています」と訴えていた。ローマ教皇フランシスコは、ナイジェリアのカトリック教会に同情を示し、公の場で彼らのための祈りをささげていた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング