映画「修道士は沈黙する」 3月17日から全国順次公開

2018年1月23日16時06分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+映画「修道士は沈黙する」 3月17日から全国順次公開
© 2015 BiBi Film-Barbary Films
- 広告 -

「ローマに消えた男」で国内外の数多くの賞を受賞したロベルト・アンドー監督の最新作「Le confessioni(原題)」(2016年、イタリア)が、邦題「修道士は沈黙する」として、3月17日から全国で順次公開される。

映画の舞台は、バルト海に面したドイツのリゾート地。先進国首脳会議(G8)に参加する予定の8カ国の大臣が会する高級ホテルに、ロックスター、絵本作家、そしてイタリア人修道士ロベルト・サルスの3人が、国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事の誕生日を祝う夕食会のゲストとして招かれる。

夕食後、サルスはロシェから「告解(ゆるしの秘跡)をしたい」と告げられる。しかし翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見されるのだった。

容疑者として真っ先に浮上したサルスだが、カトリックの戒律に従って、告解の内容を明かすことなく、沈黙を続ける。自殺か、他殺か。間近に迫るマスコミ向けの記者会見。ロシェの告解の内容をめぐり、権力者たちのパワーゲームに巻き込まれたサルスは自らの思いを語り始める。果たして謎の死の真相は? ロシェがサルスに託したものとは?

クラシックやポップスを織り交ぜ、権力批判を横溢(おういつ)しつつも、全体のトーンはシリアスにまとめられたサスペンス。「物質主義VS精神主義」の構図を核に、知的でスタイリッシュな異色ミステリーが展開されていく。

映画「修道士は沈黙する」 3月17日から全国順次公開
© 2015 BiBi Film-Barbary Films

サルスを演じるのは、「グレート・ビューティー / 追憶のローマ」のトニ・セルヴィッロ。アンドー監督とは「ローマに消えた男」以来2度目のタッグとなる。キーパーソンである議会の重要人物ロシェは、「八日目」でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニエル・オートュイユ。ゲストの絵本作家クレール・セスは、「ワンダーウーマン」の主人公ダイアナの母親役を演じたデンマーク出身の女優コニー・ニールセンが演じる。

3月17日(土)から、Bunkamura ル・シネマ(東京)ほか、愛知、大阪、兵庫など全国の劇場で全国順次ロードショー。

■ 映画「修道士は沈黙する」予告編

映画「修道士は沈黙する」公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング