ノーベル平和賞受賞のICAN事務局長、日本の宗教者らと懇談 日本聖公会総主事も同席

2018年1月22日17時42分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ノーベル平和賞受賞のICAN事務局長、日本の宗教者らと懇談 日本聖公会総主事も同席
懇談の参加者=18日、東京都内のホテルで(写真:世界宗教者平和会議日本委員会提供)
- 広告 -

世界宗教者平和会議(WCRP / RfP=Religions for Peace)日本委員会の代表者らが18日、ノーベル平和賞を昨年受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長と東京都内のホテルで懇談した。約30分と短い時間だったものの、フィン氏は社会における宗教の役割の重要性を語り、参加者は核廃絶に向けて心を新たにした。

懇談には、WCRP日本委・核兵器禁止条約タスクフォース責任者の中村憲一郎氏(WCRP日本委理事、立正佼成会常務理事)、同メンバーの三宅善信氏(同理事、金光教泉尾教会総長)と三宅光雄氏(同評議員、同教会長)、またキリスト教界から矢萩新一氏(同特別会員、日本聖公会管区事務所総主事)らが出席。NGO「ピースボート」の共同代表でICAN国際運営委員の川崎哲氏も同席した。

ICANは、世界教会協議会(WCC)などが入居するスイス・ジュネーブの「エキュメニカル・センター」に本部があり、WCCを含む世界のさまざまな団体と協力し、核兵器廃絶に向けた取り組みを行っている。ノーベル平和賞は、昨年7月に国連で採択された「核兵器禁止条約」の成立に貢献したことが評価され、贈られた。加盟団体は101カ国468団体(2017年11月現在)に及び、国際的なNGOのネットワークとして機能している。フィン氏は来日中、被爆地となった長崎、広島などを訪問した。

ノーベル平和賞を受賞したICANフィン委員長と宗教者らが懇談
フィン氏は懇談の中で「宗教団体は社会で最も影響力のあるファクター」だと指摘した。(写真:同提供)

WCRP国際委と日本委はこれまでもICANと協力し、連携を図ってきた。昨年3月には、米ニューヨークの国連本部で行われた第1回核兵器禁止条約の制定交渉会議に合わせ、ICANと合同で『核兵器禁止条約交渉ハンドブック』を発刊した。

懇談では冒頭、中村氏があいさつ。ノーベル平和賞の受賞に祝意を表し、核兵器禁止条約が採択されたことは「人類の未来に一筋の明るい希望をもたらした」と語った。その上で、被爆国である日本が同条約の採択に参加せず、署名しなかったことに対し、遺憾の意を表明した。

ノーベル平和賞を受賞したICANフィン委員長と宗教者らが懇談
日本の宗教者と懇談したフィン氏(写真:同提供)

この後、出席者のコメントを受けたフィン氏がスピーチし、WCRPの協力に謝意を表した上で「宗教団体は社会で最も影響力のあるファクター」だと語った。今後の取り組みとして、同条約の発効を目指し、加盟国を増やすとともに、条約の参加に消極的な国に核廃絶の必要性を訴え、政策転換を働き掛けていくことが大切だと説明。日本はその重要な役割を担う国だとし、「国際的なネットワークを生かしながら、キーパートナーである宗教指導者の皆さんと、一層、協力して取り組みを進めていきたい」と述べた。

日本キリスト教協議会(NCC)副議長も務める矢萩氏は、「核廃絶に向け、今後も皆さんとともに力を注いでいきたい。核が抑止力になるというが、宗教者の1人としては、信仰や良心こそ抑止力になるのではないかと考える」と本紙にコメントを寄せた。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング