ザック・ウィリアムズ、ビルボードのクリスチャン・エアプレイで20週1位、ソロ歴代記録を更新

2018年1月22日15時08分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ザック・ウィリアムズ、ビルボードのクリスチャン・エアプレイで20週1位、ソロ歴代記録を更新
(画像:ザック・ウィリアムズ「Old Church Choir」の公式ミュージック・ビデオより)
- 広告 -

ソロデビューしてからまだ2年もたたないクリスチャン歌手のザック・ウィリアムズ(36)が、米ビルボードの「クリスチャン・エアプレイ」チャートで20週1位となり、歴代記録を更新した。

偉業を成し遂げたのは、ウィリアムズのデビュー・アルバム「Chain Breaker」(2016年)からシングルカットされた「Old Church Choir」。ビルボード(英語)は4日、ウィリアムズが「クリスチャン・エアプレイ」チャート(6日付、ラジオでの放送回数に基づいたランキング)で、ソロ歌手歴代トップだったブランドン・ヒースの「Give Me Your Eyes」(19週1位)と並んだと発表した。そして、翌週13日付のチャートで、「Old Church Choir」が再び1位を獲得したことから、単独で歴代トップとなり、チャートインした回数も39週に伸ばした。

19週1位は、グループではキャスティング・クラウンズが2007〜08年に「East to West」で成し遂げている。グループでこれより長く1位を独占した曲は、マーシ・ミーのヒット曲「Word of God Speak」(23週1位)のみで、ウィリアムズの20週1位は、ソロ歌手、グループ合わせて歴代2位の記録となった。

「正直なところ、(今も)信じることができません」。ウィリアムズはビルボードのインタビューにそう話し、「神様がこのような機会を与えてくださったことを、本当に感謝しています。『Old Church Choir』が受けた評価には頭が下がる思いです」と語った。

ウィリアムズは昨年、ビルボードのクリスチャン・アーティスト新人賞と男性トップ・クリスチャン・アーティスト賞に選ばれた。受賞後には、自身のインスタグラム(英語)で次のように述べている。

「ビルボードの2017年クリスチャン・アーティスト新人賞と男性トップ・クリスチャン・アーティスト賞に選ばれたことを光栄に思います。神様が今年、いろいろな機会を与えてくださったことを謙虚に受け止めています」

また、クリスチャンポストとの2016年のインタビュー(英語)では、神を証しする重要性について次のように語っている。

「私の今の使命は、神様が私の人生にしてくださったことを人々に伝えることで、そうすることで他の人がイエスに導かれることを願っています。私は皆さんと同じただの人間です。神様が私にチャンスを与えているという点を除いては、他の方々とどこも変わらないと思っています。ですから、主と主が私にしてくださったことを証しできるチャンスは逃したくありません」

「私は自分の立場が当然のものだと思いたくありません。この状況を支配しておられるのが、神様であることを忘れたくないのです。私は、神様が持っている大きな計画のほんの一部にすぎません。ただの器なのです。ですから、もし神様がこれからも歌において私を祝福してくださるのであれば、これからも歌い続けますし、出て行ってできるだけ多くの人に証しするつもりです」

「もし私がクラブやバーなどに行って歌うとしたら、人々をイエスに導くためにあえてそうするのです。すべてはそういった目的のためです」

■ ザック・ウィリアムズ「Old Church Choir」の公式ミュージック・ビデオ

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング