エジプトの村で教会建設始まる、イスラム教住民と合意で12年越しに実現

2018年1月11日21時06分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+エジプトの村で教会建設始まる、イスラム教住民と合意で12年越しに実現
教会建設のための作業をするコプト教徒たち(写真:ワールド・ウォッチ・モニター)
- 広告 -

イスラム教徒の住民による反対のために、長い間、教会を建設できなかったエジプトのある村で、新しい教会の建設が始まった。

キリスト教迫害監視団体「ワールド・ウォッチ・モニター」(英語)によると、首都カイロの南250キロにあるコムエルローフィー村では、イスラム教徒の住民が長い間、教会の建設に反対してきた。2016年7月には、新築された民家を教会に転用すると疑い、一部の住民がコプト教徒4家族の自宅を放火する事件も発生した。

コプト教徒たちは放火事件を告発していたが、昨年末に教会建設の許可と引き換えに告発を取り下げた。それにより、村から約700メートル離れた土地に教会を建設することで合意に至った。

コムエルローフィー村には約1600人のコプト教徒がおり、教会がない間は、隣接するエズベットラフラ村の聖アブ・セフェイン教会で礼拝をささげていた。

同教会のフェルタウス・イブラヒム司祭は「この新しい場所と、現在、全当事者が(教会建設に)合意していることを神にとても感謝しています」と語った。

エジプトのコプト教徒は他にも、エズバットアルフォーン、エルガラア、サフトエルカーサなどの村々で、教会が閉鎖される問題に直面している。

近年、エジプトでは教会建設の許可を得ることはほとんど不可能な状態にある。しかし昨年、エジプト議会は、教会の建設と改築に関する新しい法律を承認し、同10月には、内閣委員会が無許可で建てられた教会の合法化作業を開始するための会合を持つなど、改善の動きが見えつつある。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング