東京基督教大学新学長に山口陽一教授が就任

2018年1月10日06時57分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+東京基督教大学新学長に山口陽一教授が就任
山口陽一氏(写真:東京基督教大学提供)
- 広告 -

東京基督教大学(TCU、千葉県印西市)は9日、新学長に山口陽一教授が就任すると発表した。昨年10月17日の理事会で決定したもの。任期は4年で、就任は4月1日。

同大では昨年10月24日に小林高徳前学長が急逝し、昨年中は大和昌平神学部長が学長代行を務めていた。今年からは山口氏が4月に正式に学長に就任するまで学長代行を務める。

同大のホームページで山口氏は次のようにあいさつしている。

「この度(たび)、2018年4月よりの学長職を拝命することになりました。小林高徳学長の召天をうけ、大和昌平学部長が務めておりました学長代行も1月から私が引き継ぎ新年度に備えます。本学では『キリストがすべて』をモットーとして『福音を肌で感じさせるキリスト者』の育成にあたるべく、コンセプトとして『Stand in the Gap 破れ口にキリストの平和を』を定めました。人と人を繋(つな)いだ小林学長の志を受け継いで微力を尽くす所存です。引き続きご加祷、ご支援をお願い申し上げます」

これまで山口氏が務めていた神学部長、大学院研究科委員長などの役職は順次決定する予定。

山口氏は1958年、群馬県生まれ。82年、金沢大学法文学部哲史文学科卒業、85年に東京基督神学校を卒業した後、92年、立教大学大学院文学研究科修士課程修了(修士)。85~90年、日本同盟基督教団徳丸町キリスト教会牧師、93~03年、日本基督教教団吾妻教会牧師、04~11年、東京基督神学校校長、11年から東京基督教大学教授(日本キリスト教史、実践神学)・教会教職課程責任者・研究科委員長。また05年から日本同盟基督教団市川福音キリスト教会牧師、同教団理事を務める。

TCUの歴代学長は、初代丸山忠孝氏(1990~98年)、第2代木内伸嘉氏(98~99年)、第3代ステパノ・フランクリン氏(99~2006年)、第4代倉沢正則氏(06~14年)、第5代小林高徳氏(14~17年)。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング