「生前にスティーブ・ジョブズと信仰について語った」 米アップル元上級副社長

2017年12月5日23時45分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:アメリカ
+「生前にスティーブ・ジョブズと信仰について語った」 米アップル元上級副社長
2010年6月に開催した米アップル社の開発者向けカンファレンス「WWDC」で、当時最新の iPhone 4 を発表するスティーブ・ジョブズ氏=2010年(写真:Matthew Yohe)
- 広告 -

米アップル社元上級副社長のロン・ジョンソン氏(58)が最近、米ストリーミングサービスの番組に出演し、2011年にすい臓がんで亡くなった同社創業者のスティーブ・ジョブズ氏と生前、キリスト教信仰について語り合う機会があったことを明かした。

アップル社で7年余り小売部門を担当したジョンソン氏は、同社の直営店「アップルストア」や、アップル製品の相談窓口「ジーニアスバー」の考案者として知られている。米大手百貨店ターゲットの副社長や、同JCペニーの最高経営責任者(CEO)などを歴任し、現在は自身で立ち上げた新会社を経営する。

小売事業に長年携わる中でモットーにしてきたのは、「隣人を自分のように愛しなさい」(マルコ12:31)という聖書の言葉だという。「仕事を通じてどのように人を愛すのですか」と尋ねられると、「それがまさにアップルストア(が問い続けてきたこと)なのです」と語った。

ジョンソン氏は、ジョブズ氏からとても気に入られていたと言い、日曜学校の教師をしていることも尊敬してくれたと話した。

「スティーブは静かなタイプの人でしたが、彼の心の中には熱く輝く神の光が秘められていました。顧客、製品、人生、そして家族に対する情熱を持っていたのです。彼は多くの素晴らしい人材に囲まれていました。彼の心は複雑でしたが、偉大でした」

交流がそれほど頻繁にあったわけではないが、アップル社に在籍していた期間に、ジョブズ氏と「永遠」について話し合うことができたという。

「(2003年に)初めてがんと診断されたとき、スティーブは好んでハワイに行くようになりました。ある時彼は休暇のためにハワイに行ったのですが、その時、私と彼は電話で信仰について長い時間話しました。私にとって信仰とは何か、そして彼が信仰を持つことはどんな意味があるのかを」

「生前にスティーブ・ジョブズと信仰について語った」 米アップル元上級副社長
ロン・ジョンソン氏=2015年(写真:TechCrunch)

「私は1つだけアドバイスしましたが、それはとてもシンプルなものでした。『スティーブ、君ほど頭のいい人間は、永遠について時間をかけて考えるべきだ。永遠は存在するのか否か、永遠とはどういうものかということを。分かり切ったことだ、と思わないことだ』と」

ジョンソン氏はこの時、永遠について深く考えてほしかったのであって、ジョブズ氏にキリスト教を信じさせようとしたわけではないと言う。

「9割の人は至高の存在を信じています。それは、『信じなさい』と言われて育ったからだけではありません。信仰を支える多くの証拠があるので、よく考えた上で信仰を持たないというのは、相当難しいからなのです」

ジョンソン氏は最後に、「彼に私自身がどういう人間であるかをさらけ出すことが、私の役目でした」と語った。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング