結婚まで純潔を守ると礼拝で誓う ICF教会でピュリティ・リング贈呈セレモニー

2017年12月4日13時09分 記者 : 内田周作 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:結婚
+結婚まで純潔を守ると礼拝で誓う ICF教会でピュリティ・リング贈呈セレモニー
礼拝の中で行われたピュリティ・リング・セレモニー=11月26日、インターナショナル・クリスチャン・フェローシップ(ICF)教会(札幌市)で
- 広告 -

結婚までの純潔を誓うしるしである指輪「ピュリティ・リング」を受けるセレモニーが11月26日、札幌市のインターナショナル・クリスチャン・フェローシップ(ICF)教会(ジェリー・ジャンセン牧師)の礼拝の中で行われた。中高生や大学生、社会人など、結婚前の若者が親や信仰の先輩から指輪を受け取り、結婚まで守られるよう、祝福を祈ってもらった。

セレモニーは2009年に始まり、数年に1度行われる。それに先だってセミナーが開かれ、婚前交渉を当たり前とする現代の風潮の中で、結婚まで純潔を守る大切さが聖書から教えられる。今年のセミナーには、中高生を中心に未婚の若者のほか、親や大人も参加した。

「セックスを先取りし、結婚の線がぼやけてきている今日、このメッセージをはっきり語ると、若者は納得し、『よし、自分もこの道を歩もう』と決心します」と語るのはジェラルド・グドール氏。セレモニーを担当する同教会長老で、CFNJ聖書学院(北海道石狩市)国際部長も務める。

セミナーに参加した高校3年の女子生徒は次のように感想を語った。

結婚まで純潔を守ると礼拝で誓う ICF教会でピュリティ・リング贈呈セレモニー
事前にセミナーを受講した若者たちが、結婚まで純潔を誓うしるしとして、ピュリティ・リングを受け取った。

「(結婚前の純潔を守ることは)将来の選択肢を増やすことになるし、また、付き合っている間、体のことに振り回されず、お互いを本当に知っていくことができると知りました。間違った情報が世の中にあふれているため、以前はセックスに対して嫌悪感を持っていましたが、それ自体は悪いことでも汚いことでもないし、夫婦が愛し合って、許されれば子どもが与えられる、祝福された行為だと教えてもらえ、前向きになれて良かったです」

セレモニーでは、礼拝の出席者全員が若者と共に清く歩むことを約束した。グドール氏は、「今後も必要に応じてセミナーやセレモニーを行っていく。要望があれば、他の教会とも協力していきたい」と話している。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:結婚

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング