クリスチャン実業人の力を1つに 日本CBMCが新体制でビジョンミーティング

2017年12月2日06時45分 記者 : 中橋祐貴 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+クリスチャン実業人の力を一つに 日本CBMCが新体制でビジョンミーティング
日本CBMCビジョンミーティングに参加した会員=11月27日、東京アメリカンクラブ(港区麻布台)で
- 広告 -

クリスチャン実業人の集い、日本CBMC(Connecting Business and Marketplace to Christ=ビジネスとマーケットプレイスをキリストに)のミーティングと食事会が11月27日、東京アメリカンクラブ(港区麻布台)で開催され、会員37人が参加した。経営者や牧師、音楽家、国会議員、NGO職員、俳優など、さまざまな分野で活躍するメンバーだ。

まず、CBMCインターナショナル理事でシンガポール代表のジョセフ・フー氏があいさつに立った。

「地域、国内、インターナショナルが親密に連携をしていきたい。『全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい』というキリストの大宣教命令(マルコ16:15)は、全世界の救われたクリスチャン、弟子になったしもべに与えられた課題だ。クリスチャンビジネスマンが言語や文化を超えて支え合い、励まし合っていこうではないか」

また、来年の6月には北アイルランドの首都ベルファストでCBMC世界大会が行われることに触れ、「ぜひ海外に出て、世界の仲間と交流をしてほしい」とフー氏はエールを送った。

クリスチャン実業人の力を一つに 日本CBMCが新体制でビジョンミーティング
日本CBMC理事長の青木仁志氏(写真:アチーブメント提供)

続いて、9月に日本CBMC新理事長に就任した青木仁志(さとし)氏(アチーブメントグループCEO)が抱負を語った。

「救われて32年間、神様は、塵芥(ちりあくた)の中に生きていた私を守り、道を備えてくださいました。理事長の働きは神様への奉仕としてお引き受けしました。クリスチャンの実業人が心を1つにしてまとまる力がまだまだ弱いと感じています。2年間の任期期間中に、日本CBMCの組織化をまず図っていくつもりです。さらに、実業人を対象に、指導者の育成、神様の福音を伝える力のコアを作っていきたい。弟子訓練ができる場も作れればと考えています。全国的に会員を増やし、支部も広げていきます」

毎年3月に行われている国家晩餐祈祷会についても、「キリストにある兄弟姉妹が1つになる場、教派を超えた親睦の場として神様が用いてくださる。この祈祷会を通して、ぜひ信徒伝道者を増やしていきたい」と力を込めた。

青木氏自らCBMCの理念について説明し、参加者は真剣なまなざしで資料に目を通していた。

食前の祈りを奥山実氏(世界宣教センター所長)がささげ、メンバーは食事をしながら共にビジョンを語り合い、世代や立場を超えて笑顔で語り合う姿が印象的だった。「このような場が必要だ」「いろいろと協力したい」という声が聞かれた。

聖書からのメッセージを大川従道(つぐみち)氏(大和カルバリーチャペル牧師)、励ましの言葉を天野弘昌氏(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団リバーサイド・チャペル草加神召キリスト教会牧師)と峯野龍弘氏(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会牧師)が語った。

理事長の青木氏のもと、日本CBMCの新体制は以下の通り。副理事長として、救霊推進担当の松島修氏(エフピーネット代表取締役、『聖書に隠された成功法則』著者)、国家晩餐祈祷会担当の森敬子氏(日本基督教団富士見町教会長老)。

理事には、近藤高史氏(日本国際飢餓対策機構特命大使・総主事、昭和橋キリスト教会員)と、国際担当の井上義郎氏(CBMCアジア理事、活けるキリスト一麦西宮教会員)という2人の前理事長の他、鮫島紘一氏(日本リバイバル連盟野上キリスト福音教会寄居チャペル牧師)、弟子訓練担当の西川芳彦氏(メディカルプラザ代表取締役)、コミュニティーづくり担当の夏目愛子氏(元ティー・ビー・アールインスティチュート専務)、佐佐木ジョシュア氏(GOSMAC代表取締役社長)、事務局長の和泉大氏(日本プロスピーカー協会事務局長、日本選択理論心理学会常任理事、単立キリスト品川教会会員)。

アドバイザー(牧師)は、大川、峯野、奥山、天野の4氏の他、姫井雅夫氏(日本基督教団赤坂教会牧師)。

当日決まった相談役は、渡部信氏(日本聖書協会総主事)の他、山川百合子氏(衆議院議員、草加神召キリスト教会会員)、神崎清一氏(日本YMCA同盟総主事)、柴橋正直氏(元衆議院議員、イエス・キリスト本巣教会会員)、木俣佳丈氏(元参議院議員、日本同盟基督教団豊橋ホサナ・キリスト教会会員)。

2018年の国家晩餐祈祷会は、3月23日(金)に東京・新宿の京王プラザホテルで開催される。テーマは「今、求められる祈りと一致」。メインスピーカーは天野氏。音楽ゲストは韓国のクリスチャンシンガーソングライターであるチェ・ドクシン氏(21世紀キリスト教会ワーシップパスター)、ピアニストの小堀英郎氏(日本国際飢餓対策機構親善大使)、ギタリストの池田宏里氏(東京カルバリーチャペル会員)の3人。特別ゲストは衆議院議員の石破茂氏(日本基督教団鳥取教会会員)を予定している。青木氏は「クリスチャンの一致を目指します。1人でも多くの方に参加していただきたい」と呼び掛けた。申し込み・問い合わせは、日本CBMC(電話:03・5244・5594、FAX:03・5244・5596、メール:cbmc70@gmail.com)まで。

日本CBMCのホームページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング