エジプトのモスク襲撃で300人超死亡 コプト正教会、鐘鳴らし連帯示す

2017年11月29日12時14分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+エジプトのモスク襲撃で300人超死亡 コプト正教会、鐘鳴らし連帯示す
エジプトのコプト正教会(写真:fiat.luxury)
- 広告 -

エジプト北東部のシナイ半島で24日、イスラム教のモスク(礼拝所)が武装集団に襲撃され300人以上が死亡した事件を受け、同国のコプト正教会は事件翌日の25日正午、エジプト全域の教会で鐘を鳴らし、犠牲者との連帯を示した。

襲撃されたのは、シナイ半島北部アリーシュの西に位置するビルアルアベドにあるアルラウダ・モスク。金曜礼拝に来ていた礼拝者ら、子ども27人を含む305人(25日時点)が犠牲となった。礼拝中のモスクで爆弾が爆発した後、逃げ出してくる人たちを外で待ち構えていた数十人のテロリストが銃撃。負傷者を治療するためにモスクに向かう救急車までも攻撃した。

このモスクにはイスラム教神秘主義(スーフィズム)の信者が集まっていたが、スーフィズムは、イスラム教スンニ派の過激派からは異端と見なされている。エジプトでは、イスラム過激派の襲撃を受け多くのキリスト教徒が亡くなっているが、スーフィズムの信者はこれまで、キリスト教徒に対し共感を示していた。

英国コプト正教会のトップであるアンバ・アンジェロス主教はツイッターに、モスクへの襲撃は「さまざまな個人、コミュニティー、宗教に共通の無意味な破壊と苦痛」をもたらすとコメントした。

エジプト軍は25日、襲撃を行った武装勢力に対し、一晩にわたり、空爆と攻撃を行ったと発表した。「空軍は数時間にわたり、テロリストが使用する多くの前哨基地を排除した」という。

イスラム武装勢力に対する姿勢で支持を集めているアブデルファタハ・アル・シシ大統領は、襲撃者に対して「最大限の威力」で反撃すると約束した。来年の再選を狙うシシ氏にとって、治安維持は国民からの支持を受ける要件となっている。

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事も攻撃を非難し、スンニ派最高学府であるアズハル大学(カイロ)の元学長で大イマム(イスラム教の指導者)のアハメド・タイイブ博士に書簡を送り、次のように述べた。

「私たちは、イスラム教徒の兄弟姉妹に対するこの襲撃を、人命をまったく無視するものとして非難しなければなりません。これは、礼拝者を標的とした非常に痛ましい襲撃です。私たちはあなたがたの傍らに立ち、共に歩んでいます。この凶悪な行為によって、私たちが分裂することはありせん。イスラム教の兄弟姉妹は、平和と帰依のためにささげられた礼拝の場で祈りをささげていました。その人々に対するこのような悲劇的攻撃を強く非難します」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング