教皇フランシスコ、ミャンマーに到着 教皇として初訪問

2017年11月28日16時44分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】教皇フランシスコは26日夜、教皇として初のミャンマー訪問に向け、専用機でレオナルド・ダビンチ国際空港を出発し、27日午後にヤンゴン国際空港に到着した。空港には教皇訪問を歓迎するミャンマーのカトリック信徒らが集まった。

教皇は27日から3日間、ミャンマーに滞在し、同国の事実上の指導者アウン・サン・スー・チー国家顧問やミン・アウン・フライン国軍最高司令官と会談する。ロヒンギャ問題の早期解決も促すとみられる。

30日にはバングラデシュへ移動し、首都ダッカでミャンマーから逃れてきたロヒンギャ難民と面会する見通し。教皇のバングラデシュ訪問は、1986年のヨハネ・パウロ2世以来となる。

教皇はミャンマー滞在中、同国に約320万人いる少数派のキリスト教徒についても権利向上を訴える見通し。29日にはヤンゴン市内でミサを予定している。しかし市内でのミサは、多数派の仏教徒の反発を招きかねないと危惧する声もある。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング